カープ

【カープ】チケット転売規制法ついに成立も効果は?

【カープ】チケット転売規制法ついに成立も効果は?

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

【カープ】チケット転売規制法ついに成立も効果は?

【カープ】チケット転売規制法ついに成立も効果は?

8日未明、イベントチケットの不正な転売をインターネット上も含め罰則付きで禁止するという『チケット高額転売規制法』が、参院本会議で全会一致により可決・成立した。

『チケット高額転売規制法』は、公布から6ヶ月の周知期間を経て施行される。

この施行により、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた違法転売業者による悪質な買い占めを防ぐ狙いがある。

転売禁止が明記され、チケット販売時に本人確認等の転売防止要項が組み込まれたチケット等を対象に、そのチケットの定価を超えた ” 営利目的 ” での転売を禁じる。違反者には1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金、あるいはその両方が科される。

この法律は、” 営利目的での転売 ” に限定しており、個人の都合で行けなくなった場合等に知人に譲渡するような場合には適用されない。

2020年の東京オリンピックに関しては、この法案により高額転売は防げるだろう。

今回の法案可決はプロ野球(カープ)やコンサート等のイベントにも適用されるのか? 

【カープ】チケット転売規制法ついに成立も効果は?

あくまでも私見ではあるが、今回の法案可決はコンサートやプロ野球、特に広島東洋カープのチケット転売問題には特に影響がないように思える。あくまでも2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けての法案だろう。

これまでも転売規制をめぐっては、多くの都道府県が迷惑防止条例で、イベント会場周辺などでの『ダフ屋行為』を禁止する等の措置は取られているが、それでもなくならないのが現状だ。

ジャニーズ事務所のアーティストのライブチケットをオークションで高額転売し逮捕されたケースはあるものの、見せしめ程度の効果しかなく、未だに高額転売はなくならないままだ。

現にプロ野球、広島東洋カープのチケットは、チケットの発売方法を一部抽選に切り替える等の措置は取られているものの、未だ一部の者たちの買い占め・転売により、日によっては定価の数倍から10倍以上の値段で取引されることもある。

法律の規制を待っていてはイタチごっこになりかねない。高額転売を撲滅するには、主催者等がそれなりの厳しい措置を講じなければ現状は打破出来ないだろう。が、何はともあれ、一歩前進したことに間違いはない。

↓↓↓チケット高額転売についての記事はこちらをどうぞ↓↓↓

カープ等の悪質チケット転売屋はなぜ捕まらないのか?

RELATED POST