moromoro

M-1上沼暴言騒動でスーマラ武智の相方田中がヤバイ

M-1上沼暴言騒動でスーマラ武智の相方田中がヤバイ

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

M-1上沼暴言騒動でスーマラ武智の相方田中がヤバイ

M-1上沼暴言騒動でスーマラ武智の相方田中がヤバイ出典:profile.yoshimoto.co.jp

 

『M-1グランプリ2018』の打ち上げで、関西の女帝『上沼恵美子』『更年期障害』『右側のオバハン』等の暴言を吐いたことで目下炎上中の『スーパーマラドーナ ・武智正剛』。

『とろサーモン・久保田かずのぶ』と『スーパーマラドーナ ・武智正剛』の二人は上沼に直接の謝罪を申し入れたが、上沼側はこれを拒否。自体はどのように終息するのか注目を集めている。

そんな中、新たな被害者として『スーパーマラドーナ・武智』の相方である『田中一彦』へ注目が集まっている。

田中は12月9日、相方の騒動後初めてツイッターを更新した。

内容は以下の通り。

『テッテレ〜 お湯じゃなくて水でした』

とカップ麺にお湯と間違え水を入れてしまった写真をアップしている。

『テッテレ〜』は、M-1当日カメラが向くたびに田中が何度も披露していた一発ギャグ?だ。

連日報道される騒動の中、田中のことを心配していたファンたちもこういったマイペースかつ無邪気な投稿に『真のMVPは田中さん!』、『田中さん最高!!』などと安堵の声を漏らしている。

田中だけは、この騒動で被害者として扱われ、ほんの少しだけ得をしていると思っているかもしれない。

最悪の状況に追い込まれている『武智正剛』を救うのは、相方『田中一彦』しかいない!?

M-1上沼暴言騒動でスーマラ武智の相方田中がヤバイスーパーマラドーナ武智の相方・田中一彦 出典:matome.naver.jp

田中は、前年のM-1グランプリで敗者復活戦を勝ち上がり決勝に駒を進めた際に、喜びを爆発させる武智の横で浮かない表情をしており司会の『雨上がり決死隊・宮迫博之』から『嬉しくないの?』と尋ねられ、『決勝いったら注目されるし、緊張するじゃないですか』とコメントし全く狙わずに笑いをとっている。

こうしたマイペースさや、これだけの騒動にも我関せずといった空気感が『田中一彦』の個性であり、魅力なのだろう。

窮地に追い込まれている相方『武智正剛』を救うことができるのは、騒動の被害者である『上沼恵美子』ではなく、『松本人志』や『今田耕司』ら吉本の先輩芸人でもなく、相方『田中一彦』かもしれない。

コンビ愛が強いようには見えないスーパーマラドーナだが、田中の笑いの取り方同様、予期せぬ形で自体を終息に向かわせ、今回の騒動をバネに!?ふたたびテレビで活躍することは出来るのか。

何はともあれ、『武智正剛』は心から反省し、真人間になることが求められる。

RELATED POST