Hiroshima

【プロ野球】今季中に達成可能な記録は!?カープからは…

【プロ野球】今季中に達成可能な記録は!?カープからは…

【プロ野球】今季中に達成可能な記録は!?カープからは…

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【プロ野球】今季中に達成可能な記録は!?カープからは…

シーズンも終盤に入りチーム順位を争う盛り上がりもさることながら、個人記録にも注目が集まる。

我らが広島東洋カープの選手からは、節目の記録で言うと主だったものは見当たらないが(出典参考)、鈴木誠也のトリプルスリー、さらには3割30本100打点などの記録に期待がかかる。

残り少なくなったシーズン、果たしてどんな記録が刻まれるのか。

今シーズン終盤で達成される可能性のある記録は?
2019年シーズンのこれまでを振り返ると、ソフトバンクの松田宣浩と阪神の糸井嘉男が1500試合出場、巨人の阿部慎之助と西武の中村剛也が400本塁打を達成するなど、さまざまな記録が達成されてきた。そこで今回は、今シーズンの残りわずかな期間で達成される可能性のある記録と、達成する可能性のある選手を紹介する。
※記事内の今シーズンの成績は9月1日終了時点のもの
打撃記録

●1000得点
阿部慎之助(巨人)残り6得点

●1500安打
田中賢介(日本ハム)残り8本

●1000安打
平田良介(中日)残り28本
亀井善行(巨人)残り25本
鈴木大地(ロッテ)残り16本

●350二塁打
坂本勇人(巨人)残り6本

●300二塁打
松田宣浩(ソフトバンク)残り3本

●200本塁打
山田哲人(ヤクルト)残り1本
内川聖一(ソフトバンク)残り5本

●150本塁打
アルフレド・デスパイネ(ソフトバンク)残り2本

●3000塁打
中村剛也(西武)残り5塁打

●300盗塁
糸井嘉男(阪神)残り3盗塁

●200盗塁
金子侑司(西武)残り8盗塁

●300犠打
今宮健太(ソフトバンク)残り4犠打

●1000三振
中田翔(日本ハム)残り19三振

打撃記録の中で、順調にいけば達成されるであろうものをまとめてみた。このうち1500安打が見える田中賢介は、2019年シーズンを最後に引退することを表明しているため、しっかりと記録を達成して有終の美を飾りたいだろう。平田は現在、右手首に死球を受けた影響で二軍調整中だけに、今季中に1000安打達成はなかなか難しいところか。

出典:週間ベースボールON LINE

投手記録

●100セーブ
ラファエル・ドリス(阪神)残り4セーブ
増田達至(西武)残り4セーブ

●1000投球回
野上亮磨(巨人)残り7.2回
小川泰弘(ヤクルト)残り19回

今シーズンは日本ハムの宮西尚生が前人未踏の300ホールドを記録。ヤクルトの五十嵐亮太が800試合に登板するなど、ほかにもさまざまな投手記録が生まれているが、残りのシーズンで達成される可能性があるのが上の2つだ。阪神のドリスが精彩を欠いているものの、恐らく2人とも100セーブに到達するだろう。微妙なのが1000投球回で、野上は不調のため登板機会が得られない可能性があり、小川はコンスタントに登板しているものの、任されるイニング数次第では届かない可能性がある。

出典:週間ベースボールON LINE

RELATED POST