Hiroshima

【丸佳浩】2番打者最強論日本では通じない!?巨人が丸を潰す!?

【丸佳浩】2番打者最強論日本では通じない!?巨人が丸を潰す!?

【丸佳浩】2番打者最強論日本では通じない!?巨人が丸を潰す!?

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

【丸佳浩】2番打者最強論日本では通じない!?巨人が丸を潰す!?

【丸佳浩】2番打者最強論日本では通じない!?巨人が丸を潰す!?原監督ばりのグータッチをする巨人・丸佳浩外野手

2018年、FAの大目玉として球界を揺るがし広島東洋カープから読売ジャイアンツへと移籍した丸佳浩外野手(29)。今季より再び読売巨人軍の指揮を執る原辰徳監督は、丸を最強の2番打者として起用する算段だ。

巨人のチーム関係者は「(原監督は)V奪回の切り札として獲得した丸に白羽の矢を立て、キャンプでの実戦から固定しています。打線はまだ流動的だが2番丸、4番岡本は決まりですね。」と語る。

原監督の狙いは分からなくもないが、丸は広島のリーグ3連覇の起点となった2016年以降2番を打ったことがない。この起用法が吉と出るか凶と出るか、今はまだ誰も知る由はない。

昨今、メジャーでは2番打者最強論が唱えられている。中でも代表的なのは2017年に52本塁打、114打点を挙げ新人王にも選ばれたニューヨークヤンキースアーロン・ジャッジ外野手(26)だろう。ジャッジは201cm、128kgの恵まれた体格を持つ長距離砲だ。メジャー思考を持つ原監督は、丸に”巨人のジャッジ”となるべく更なる成長を期待しているのかもしれない。

丸は今季のオープン戦4試合全て2番で出場し、まだ本調子とは言えないまでも存在感を示している。原監督は、「今季のジャイアンツは初回に2点を取りに行く野球をする」と公言。丸の2番起用はそれを実現させるための伏線ではないだろうか。

広島から移籍して1年目の丸に期待を寄せ過ぎ本来の力を引き出せず、更には広島にセ・リーグ4連覇を献上してしまっては本末転倒このうえない。今季のセ・リーグの行方は、原監督の起用法が大きな鍵を握っていると言っても過言ではない。

 

ー違法!?カープチケット転売屋は何故捕まらないのか!?ー

ーカープ 選手御用達!!選手に会えるお店はここだ!!ー

ー完売でも諦めない!カープチケットを定価で手に入れる方法ー

 

 

View this post on Instagram

 

チョーさんの回答に、救われた様な丸の表情が印象的。#長野久義 #丸佳浩

手紙魔 まみさん(@mamihasarrived)がシェアした投稿 –

ABOUT ME
moromoro
『moromoroのブログ』をご覧頂きありがとうございます。 ブログ運営者のmoromoroと申します。 小さい頃からカープとお金(笑)が好きで、四十手前の今となっても変わっていません。 文章は稚拙かもしれませんが、自分が調べた諸々について色々と発信していきます。
RELATED POST