お金のコト

3+7×3=4!と答えた小学生に東大生「やるね。」

3+7×3=4!と答えた小学生に東大生「やるね。」

3+7×3=4!と答えた小学生に東大生「やるね。」

 

こんにちは。

『moromoroブログ』へようこそ。

 

3+7×3=4!と答えた小学生に東大生「やるね。」

この記事を読んでいるあなたは、この問題が解けるだろうか?

「 3+7×3=?? 」

たったこれだけ、小学生にも解けるいたってシンプルな問題である。

100%凡人、いや、凡人以下の私が出した答えは当然「24」。

これは、間違いではない、決して、間違ってはいないのだ。

だがしかし、この答えでは凡人、または凡人以下でしかないかもしれない。

小学生の出した答えは『4!』

この天才!?小学生は、

「3+7×3=??」と聞かれ、元気よく「4!」と回答。

文系出身?の多くの人間はこの答えに、頭の中が「???」で埋め尽くされていることだろう。

実は、この「4」の後ろに付いている「!(エクスクラメーションマーク・感嘆符)」は数学上では”階乗”を表す記号。(※階乗とは、その左についている数から1までを掛けるということを意味する。)

(もちろん凡人以下の私は「!」の記号をエクスクラメーションマーク・感嘆符などといったカッコ良い言葉で表現したことなどない。もっぱら、「!」=「ビックリマーク」である。)

 

例えば、

「2!」=2×1=2

「3!」=3×2×1=6

小学生が答えた

「4!」=4×3×2×1=24となる。

つまり、

「3+7×3=3+21=24」

「3+7×3=4!=4×3×2×1=24」

最終的にはどちらも24。

 

通常、階乗は算数ではなく数学で学ぶもの。このことからも、小学生の出した答えに東大生は「やるね(こいつ分かってるな、ニヤリ)。」となったのだ。

 

小学生は階乗を理解して答えたのか否か、本人のみぞ知るところだが、「4!」という答えを聞いて「ん?これは!?」と思える大人がどれだけいるだろうか。

発想の転換とは面白いものである。

参考出典:YAHOO!JAPAN知恵袋

ABOUT ME
moromoro
『moromoroのブログ』をご覧頂きありがとうございます。 ブログ運営者のmoromoroと申します。 小さい頃からカープとお金(笑)が好きで、四十手前の今となっても変わっていません。 文章は稚拙かもしれませんが、自分が調べた諸々について色々と発信していきます。
RELATED POST