カープ

カープ日本一を阻止した甲斐キャノンが評価されない理由

カープ日本一を阻止した甲斐キャノンが評価されない理由

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

カープ日本一を阻止した甲斐キャノンが評価されない理由

カープ日本一を阻止した甲斐キャノンが評価されない理由出典:news.livedoor.com

21日、福岡ソフトバンクホークスの『甲斐拓也』捕手(26)がヤフオクドーム内事務所にて契約更改交渉に臨んだ。年俸提示額は4000万円から1500万円アップの5500万円(推定)で、甲斐はこれを保留した。

甲斐は次のようにコメント。

『多少の開きはあったが、すごく評価してもらったしいい言葉もたくさんもらって嬉しかった。もう一回整理したかった。今日は決められなかった。』

『(自身の今季の成績について)納得できる数字ではない。バッティング面は特に。そういう低い成績でよく評価していただいている。そこは理解しています。』

ソフトバンクの三笠球団統括本部長は『日本シリーズの活躍は本当に素晴らしかった。プラス評価の材料』とうなずいた。

アップ査定であることは間違いないが、果たしてこの提示額は甲斐の活躍に対して正当な評価になっているのだろうか。難しいところではあるが、いちカープファンの私からすれば、評価が低すぎるように思える。

セ・リーグを1位で勝ち上がってきた広島東洋カープと対戦し、見事日本一の栄冠を手にしたソフトバンク。その功労者である甲斐は日本シリーズMVPを受賞、新記録となる6連続盗塁阻止を成し遂げ『甲斐キャノン』の名を日本中に知らしめた。カープは甲斐に負けたと言っても過言ではないだろう。

カープ日本一を阻止した甲斐キャノンが評価されない理由出典:baseballking.jp

今季は扇の要として133試合に出場したものの打撃成績は低調が続き、打率.213・7本塁打・37打点の成績に終わった。しかし甲斐が先発捕手として出続けることが出来たのには理由がある。それは12球団トップを誇る盗塁阻止率.447という数字だ。事実ソフトバンクは、甲斐の盗塁阻止により日本シリーズを制し、個人としては2年連続でゴールデングラブ賞を受賞している。

昨季は、前年の出場13試合から103試合へと出番を増やし、オフの契約更改交渉では900万円から4000万円へ大幅アップを勝ち取っている。貢献度でいえば今季はこれをはるかに上回るが、チームのリーグ順位は昨季が1位で、今季は2位。それらが今季の評価の理由といったところだろうか。

チームの鍵を握る捕手の力がリーグ順位に大きな影響を及ぼすことは間違いないが、直接勝ち星を得られる投手でもない甲斐にとって、それらを査定に含まれることは面白くないだろう。

甲斐は今年3月に結婚し、10月には第一子となる長男が誕生している。家庭を守るものとしても、ここは簡単に引き下がる訳にはいかないだろう。かといって球団もそう簡単にコロコロ提示額を変えるわけにはいかない。

第二回交渉は年内に行われる。ソフトバンクと甲斐、両者にとって気持ちの良い契約となれば良いが。

RELATED POST