お笑いのコト

芸能人・有名人も借金に苦しんでいる〜芸能界の借金事情②〜

芸能人・有名人も借金に苦しんでいる〜芸能界の借金事情②〜

 

こんにちは。

『 moromoroのブログ 』へようこそ。

芸能人・有名人も借金に苦しんでいる〜芸能界の借金事情②〜

私をはじめ、多くの人が借金に悩んでいる。笑

自動車ローンや住宅ローンなら許容範囲だが、ギャンブルや浪費による借金はもはや救いようが無い。

人知れず借金をして、一人で悩んでいる者も数多くいるだろう。

 

借金地獄は、一度ハマったら中々抜け出すことが出来ない。(それは私が実践している。)

なぜかと言うと、借金は癖(へき)であり、それは病気でもあると私は思う。

他人からしたらどうでもいい、見栄から借金をしはじめたと言う人も少なくないだろう。

 

見栄を張ることは、特に芸能界や音楽業界のような華やかな場所にいる者たちにとって切っても切れないとても大切なこと。

その世界には、実際に稼いでいる人もたくさんいるのは事実だろう。

しかし、芸能界に入りたての若者やそこに溺れてしまった者たちは、成功者に憧れて真似てしまうのだ。

それが地獄の始まりかもしれない。

芸能人・有名人も借金に苦しんでいる〜芸能界の借金事情②〜

芸能人・有名人も借金に苦しんでいる〜芸能界の借金事情②〜


林 修(はやし おさむ) 借金額:1800万円

芸能人・有名人も借金に苦しんでいる〜芸能界の借金事情②〜

『 今でしょ! 』のフレーズと『 ドヤ顔 』で、一躍時の人となった『 林 修 』。

彼は、1989年に東京大学を卒業後、当時の大学生なら誰しもが憧れる一流銀行に入行。しかし、バブル景気の中、逆に不安を感じてしまいわずか5ヶ月で退職。

なぜ不安を感じたのか、なぜ退職したのか。それらの理由として、『 本当に仲の良かった友達がいなかったのが大きい 』と発言している。また、『 僕の人生を振り返ると、とにかく友達がいなくて良かったなぁ 』というのが本音だとか。

その後は会社を起業するも失敗。競馬や株式等の投資を始め、儲かった時期もあるが大半はうまくいかなかった。3年間で抱えた借金は、最大で1800万円にものぼるという。自身も、『 根っこ(自分の)はギャンブラー 』と分析している。

そうした生活を抜け出そうと始めたのが予備校の講師。彼曰く、昔からバイトなどで教える仕事を経験してきて、失敗したことがなかったため、予備校講師を選択。

当時はまだバブル真っ只中で、予備校講師の給料も今と比べてかなり高く、『 借金を一気に返してやろう 』と思い、その勢いのまま借金は完済。その後2013年に、『 今でしょ! 』のフレーズで大ブレイクし、今に至る。

 

坂上 忍(さかがみ しのぶ) 借金額: 1億円

芸能人・有名人も借金に苦しんでいる〜芸能界の借金事情②〜

『 天才子役 』と呼ばれた子役時代を経て、バラエティやワイドショーなどで”毒舌キャラ”を発揮する司会業をこなし、いまや年収1億円ともいわれる『 坂上 忍 』ですが、順風満帆に見える彼の芸能人生にも多額の借金を背負い低迷した時期が。

1970年に3歳で劇団に入り、類まれな子役としての才能を開花。1972年に『 下町かあさん 』でテレビドラマデビューを果たし、その勢いのまま数々の名作に出演。超売れっ子子役として名を馳せた。

しかしその順調な子役活動とは裏腹に家庭環境は悪化。

父親が副業の不動産業で成功したことをきっかけに、勤めていた新聞社を退社。自ら出版社を立ち上げるも失敗。『 坂上 忍 』が15歳の時に両親は離婚し家族はバラバラに。

さらに父親は、事業の失敗とギャンブルで背負った借金1億円を残し蒸発。

その1億円の借金を背負うこととなった『 坂上 忍 』は、ちやほやされていた売れっ子生活から一転、借金取りに追われる生活に。学業との両立は難しく、高校を中退し、借金返済のために芸能活動に専念。母親は三つの仕事を掛け持ちし、兄も大学を中退して働いた。

その後約10年間、『 坂上 忍 』が25歳の頃、一家が身を粉にして働いた甲斐もあり、借金を完済。

それにしても、一家三人が身を粉にして働いたとはいえ1億円もの借金を10年程で完済するとは、芸能界とは本当に夢のある世界ですね。


阿部 寛(あべ ひろし) 借金額:数億円

芸能人・有名人も借金に苦しんでいる〜芸能界の借金事情②〜

人気ドラマシリーズ『 トリック 』や映画『 テルマエ・ロマエ 』等々、数々の代表作をもつ名俳優『 阿部寛 』。

プライベートでは2008年に結婚、2012年には二児の父となり、まさに順風満帆といった人生を送っているように見えますが、そんな彼も実は壮絶な人生を歩んでいます。デビュー直後から数億円もの借金を抱え、テレビから干されたことも。

『 阿部 寛 』が芸能界デビューをしたのは1983年。優勝商品の車欲しさに『 ノンノボーイフレンド大賞 』に応募し、見事優勝。一躍ノンノの人気カリスマモデルとなる。

仕事も順調にいっていたある日、彼が出会ったのは不動産投資でした。当時はバブル経済真っ只中で、『 不動産は買えば上がるもので、借金をしてでも買うべき 』というのが常識だった時代。

誰でも、ほぼ100%融資を受けることができた時代なので、『 阿部 寛 』も当然のように借金をして投資をしていました。そんな中、程なくしてバブルが崩壊。20代前半にして数億円という多額の借金を背負ってしまう。

ちょうどその頃、追い討ちをかけるようにモデルとしても低迷。多額の借金にモデルの仕事もなくなった『 阿部 寛 』は俳優業に道を見出します。

しかしながら、190cmもある高身長と濃すぎる顔立ちがネックとなり、『 主役だと女優と絵的に凸凹になってしまい、脇役だと主役より存在感が出る 』と、俳優業もうまく軌道には乗らなかった。

借金返済どころか生活にも困窮してしまった彼はパチンコの道へ。しかしこれが功を奏したのかなんとかこの低迷期をパチンコで乗り切った。その期間は実に3年間にも及んだ。

そんな『 阿部 寛 』の元に、テレビ番組『 あの人は今!? 』から声がかかり、これが転機に。完全に”過去の人”扱いをされたことに一念発起し、それからは名前のない役柄からどんないに小さい役柄でも仕事を選ばず仕事を受けることに。

その甲斐あって、単なる二枚目俳優ではなく癖の強い実力派俳優としての道を歩み始めます。デビューから17年経っての再ブレイクです。

その後はみなさまの知る通り、『 HERO 』や『 結婚できない男 』などの人気ドラマに出演し、再ブレイクからさらに7年経過した頃に借金を全て完済しました。

現在の彼は年収数億円とも言われている。

ABOUT ME
moromoro
『moromoroのブログ』をご覧頂きありがとうございます。 ブログ運営者のmoromoroと申します。 小さい頃からカープとお金(笑)が好きで、四十手前の今となっても変わっていません。 文章は稚拙かもしれませんが、自分が調べた諸々について色々と発信していきます。