カープのコト

カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴

カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴

 カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴 

こんにちは。

『 moromoroのブログ 』へようこそ。

 

今回は、『 広島東洋カープ 』の強さとともに近年話題になることの多くなった、『 カープ女子 』に限らず、『 カープファン 』・『 カープ女子 』・『 にわかカープ女子 』と呼ばれる主に3種類のカテゴリーに分けて、特徴を考察していきたいと思います。

 

『 カープファン 』の特徴 

 カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴 

私は男性なので、『 カープファン 』のカテゴリーに分類されると思います。( じゃなかったらなんだ。笑 )

『 阪神タイガース 』と並んで、熱狂的なファンがいることでも知られる『 広島東洋カープ 』の『 ファン 』。

賛否ありますが、同じファンと言えども、ヤジったり、マナーが悪いファンは仲間とは思っておりません。

私は、ファンも球団の一員くらいの気持ちで応援しております。

 

しかしながら、昨今、『にわかカープファン、または、にわかカープ女子』なる言葉が存在しています。

最近カープを好きになった、あるいは選手を芸能人のごとく見た目で好きになり、キャーキャー言う。

このような人たちがそう呼ばれることが多いようです。

が、私は、カープ女子・にわかと呼ばれる人々も含めて、カープファンの一員だと思っております ! ! !

人によって好きな度合いや、好きになる動機なんてどうでもいいじゃないですか ! ?

何より、応援する気持ちがあれば、ルールがよく分かっていなくても、球場をビアガーデンのように思っていようがいいんですよ ! !

と言うのが、私の持論であります。( 熱い ! ! ! 笑 )

と言うことで、カープファンの特徴の1番目にあがるのが、この『 熱さ ! ! 』ではないでしょうか ? ? 笑

それではまとめていきましょう。

カープファンの特徴

  • とにかく熱い ! ! !
  • 巨人ファンは『 非県民 』である。
  • 阪神ファンは『 非県民 』である。
  • 故郷を離れてもカープファン熱は冷めない( むしろ増す )
  • 我慢強い
  • カープファンと聞くとすぐ友達になれる
  • 選手がFA権を獲得すると、願うのみ。笑
  • とにかくカープを愛している

 

次は、『 カープ女子 』と呼ばれる人たちの生態を探って行きましょう ! !

 

『 カープ女子 』・『 にわかカープ女子 』の特徴

ここ数年で、カープ女子が急増中です。
にわかファンが急激に数を増やしているのです。

いつからかと言われると、カープ女子が増えるきっかけとなった要因はいくつか考えられます。
カープ女子の特徴、カープ女子がウケる理由とカープ女子が嫌われる理由の違いは何なのか、カープファンの視点から探ります。

 

『 カープ女子 』とは ? ?

カープ女子という言葉が世間的に広く使われるようになったのは、割と最近で、プロ野球チーム、広島東洋カープの女性ファンのことを、カープ女子と呼びます。

広島カープというチーム自体は、1949年に設立された歴史あるチームですが、ここに来て女性ファンが急増しているのには、企業努力もあるようです。

カープ女子には、色々な定義があるとの意見もあります。
広島県外のカープファンの女性のこと、とりわけ関東のカープファンの女性のことを、カープ女子と呼ぶ傾向が強いようです。

比較的最近になってファンになった、いわゆる『にわかファン』を皮肉ってカープ女子と呼ぶ傾向もありますので、生粋の女性カープファンは、そう呼ばれることには抵抗があるみたいですね。

 

カープ女子が増えているのはなぜ ? いつ頃から出現した ?

カープ女子が出現したのはいつ頃からか、そしてここまで増えることになった経緯やタイミングとは一体どのような時期だったのか、ここで簡単にご紹介します。

そもそもの始まりは、2009年に広島カープが新たな本拠地球場がオープンすることを受けて、球団が女性ファンを取り込みたいと、様々な女性受けする可愛いグッズ販売などから始め、これまでにないイメージ戦略に乗り出したところから火がつきました。

当初は、カープガールズと呼ばれていましたが、この呼び名は定着しませんでした。
2013年になって、NHKの番組の特集で、カープ女子が関東で増えているというように報道されたのをきっかけに、この言葉は一気に市民権を得ました。

球団が女性ファン取り込みの活動を始めた2009年は、広島カープはマーティー・ブラウン監督でした。
審判の判定に不満があったら、ベースを投げるというパフォーマンスで人気でした。

この頃からカープファンとなった女性は、カープ女子と呼ばれる中では最古参という扱いになります。

2010年の野村謙二郎政権以降からファンになったという女性を、カープ女子と呼ぶことが多いです。

その後、カープのチームの特性上、高卒の選手をチームでしっかりと育てて、若いうちから出場機会を与えていくというところもあり、カープには若くてかっこいい選手が多いという声が聞かれるようになったことも、人気の一因として挙げられます。

黒田博樹選手がメジャーから復帰したこと、その時の報道や、様々な男気エピソードなどが、女性の心にも響いたということも、ファン増の理由として挙げている専門家もいます。

2016年、カープは25年ぶりのリーグ優勝を果たしました。
『神ってる』という言葉は、この年の流行語大賞にも選ばれました。
このような流行りものに乗っかった、新しいファンをカープは獲得するに至ったということも言えるでしょう。

また、カープのアウェイユニフォームが真っ赤になったことを受けて、このレプリカが可愛いと女性受けが良くなり、販売数も伸びて、このアウェイユニを着て球場に応援に来る女性ファンが増えたことも事実です。

 

『 カープ女子 』の特徴

 カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴 

カープ女子と言われる人達には、どのような特徴があるのでしょうか。
他のチームのファンと比べて、特にどのような所が変わっているのか、同じカープファンでも男性ファンとはどのような所が違うのか、細かく見ていきましょう。

特徴①:推しメンがいる

先述しましたが、カープはチーム事情もあり、高卒新人選手をメインに獲得して、比較的若い段階から試合に出して育成していくという方針です。
これがまさに、ジャニーズファンと重なるところがあります。

ジャニーズの人気が綿々と続いている理由の一つに、ジャニーズジュニアの若い子が無名の頃から私は目をつけていたんだという優越感であったり、自分も一緒に育てたような気にさせてくれたりという、女性独特の心理をうまく利用した手法というかトリックがあります。

カープがファン層を一気に広げたのには、これに非常によく似たところがあり、球団の女性ファン獲得の動きと合わせて、見事に功を奏した作戦であったと言えます。

特徴②:ミーハー

これは、カープ女子という言葉が皮肉気味に使われる際の、いわゆる「にわかファン」の特徴とも言えますが、ミーハーな人も多いです。

上に挙げたような、推しメンがいるというように、チームに魅力というよりも、まず個人から入る、選手個人に興味を持つことから始めて、そこからカープファンになるというパターンが多いです。

これは、今のカープ女子に限ったことではなく、カープの黄金時代には高橋慶彦という選手がいたのですが、女性ファンがとにかく多く、この頃の女性ファンも同様であったなと感じます。

特徴③:チームが弱いからといってイライラしない

男性ファンは、どうしても試合に負けたり、チームが弱かったりすると、ついイライラしたり愚痴ったり野次ったりしがちですが、カープ女子はそういった事はありません。

推しメンがいるジャニーズの一グループのファンの女性と同じように考えるといいと思います。
その選手が活躍しなくても、エラーやミスをしても、暖かく応援します。
その点、大変マナーの良いファンであると言えます。

特徴④:赤いアウェイユニを着て応援

カープ女子は、ホームゲームであろうが、常にビジター用のユニフォームを着て応援するという大きな特徴があります。
これは、真っ赤なユニフォームであるためです。

このユニフォームが可愛いと大変評判なのです。
2009年から採用されていて、そろそろ変更がある時期のはずですが、大変好評なので大きな変更はなく、マイナーチェンジ程度で済まされるであろうと予想されます。

球場や広島市内のグッズ売り場でも、圧倒的にこのビジター用のユニフォームの方が、多めに販売されています。
赤は、購買意欲を高める色と言われていますので、そのあたりも関係しているのかもしれません。

特徴⑤:女子同士で固まって応援

カープの試合中継を見ていると、スタンドの模様が映し出された時に、上述した赤のアウェイユニを着た女性だけが固まっているところを良く見ます。
大変結束力が強いです。

ジャニーズファンや、フィギュアの羽生選手のファンも同じような印象を受けます。
特に同じ人を応援しているからといってライバル意識や反発などはなく、マナー良くみんなで応援しているイメージです。

特徴⑥: カープ女子と呼ばれることに抵抗がある

カープ女子と呼ばれることに抵抗を感じていたり、或いはそのようにもてはやされたりするのを嫌うカープ女子も多いです。

こういったファンは、以前からの熱心なファンであることが多いです。
新しいファンであっても、カープのことが心底好きで、野球の見方やカープについての知識など、ベテラン顔負けのカープ女子もいますが、こういった人達も抵抗を感じています。

例えるならば、お化粧ばっちりでヴィジュアル系バンドとして活動していたミュージシャンの中には、お年を召して落ち着いてきて本格的なロックバンドとして活躍し始め、メイクが少しずつ薄くなっていくと、ヴィジュアル系と呼ばれることを嫌がる人がいますが、これに少し似ています。

カープ女子と呼ばれているうちは、まだ真のファンではないというコンプレックスのような偏見のようなものが、本人達の中にはあるのかもしれません。

特徴⑦:しっかりスクワット

カープ女子は、たとえ新参者であっても、たとえにわかであっても、応援の仕方は本格的で、他球団のファンとは一線を画しています。

カープには、選手の名前を連呼しながらスクワットを繰り返す応援があるのですが、にわかファンであろうと、これをしっかりおこなっています。
健気で可愛らしいです。

特徴⑧:熱狂的で熱烈な応援

上述のスクワット応援も含めてですが、カープ女子は、にわかと呼ばれるような人達でも、どっぷりと深みにはまるスピードが圧倒的に早く、各選手の応援歌もしっかりと覚えるなど、熱心で一生懸命です。

静かに見守るように応援するのではなく、応援歌は大きく声を張り上げて楽しそうに歌っているという光景が、内野席外野席問わず見られるのが特徴です。

カープ女子とは、主に首都圏のカープファンの女性を指すという定義があると言われますが、観戦ツアーは常に定員オーバーで、日帰りの弾丸ツアーにでもどんどん参加するといったように、男顔負けのパワフルさです。

 

関連記事はコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カープ選手に会えるかも!?行きつけのお店紹介①

カープ選手に会えるかも!?行きつけのお店紹介②

大のカープファン柳田悠岐FA移籍の可能性は??

完売でも諦めない!!カープチケットを定価で入手する方法!!

カープの選手にサイン・握手をしてもらう方法!!

『 カープ女子 』と、” にわか ”『 カープ女子 』の違い

 カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴 

カープ女子と呼ばれているうちはまだまだ『にわか』だと言う人もいますが、ここではその論争は一旦置いておいて、『にわか』と呼ばれる人達とは、いったいどこがどのように違うのか見ていきます。

違い①:所属選手を知らない

『にわか』は、選手名を言えるかどうかで簡単に見抜くことができます。
そもそも女性は、顔と名前を覚えるということに関して、男性よりも比較的苦手というか、数多く記憶し続けることができません。女性脳と言われるものです。

そんな中でも、真のカープファンは一軍登録されている28人の名前くらいは、当然のようにスラスラと言えます。
背番号と名前フルネームが言えるような女性ファンもたくさんいます。

タナキクマルなど、主力級の選手の名前を言われてもキョトンとしているようなカープ女子がいたら、それは『にわか』です。

違い②:球団のことを知らない

球団のことを、まるで知らない『にわか』もいます。
以前にバラエティー番組で、タレントの加藤紗里さんが「にわか」カープ女子であることを暴くという企画がありました。

彼女は地元が広島らしいのですが、明らかにカープ人気に便乗しようとしただけのところがあり、当然のことのように、広島東洋カープという正式な球団名も言えませんでした。

選手一人一人の応援歌を知らないばかりか、公式球団歌である『それ行けカープ~若き鯉たち』さえも知らないという『にわか』がいることは、生粋のファンからしたら許せないようです。

違い③:野球のルールが分かっていない

カープがどうこう以前に、野球のルールを全く分かっていない、分かろうとしない『にわか』もいます。

よく女の子の中には、バッターボックスから見てどっちが一塁か三塁か分からないという子がいると言います。何人制のスポーツであるかも知らないということもあります。
カープ女子を気取っていながら、このレベルというのはいただけません。

違い④:流行りものに乗っかっているだけ

これは、知名度や好感度がいまいちな芸能人に見られます。

先程も挙げましたが、加藤紗里さんを筆頭に芸能界にはカープ女子をうたって、赤いアウェイユニを着てSNSに画像をアップするタレントが急増しました。
以前のカープでは、ありえなかったことです。

アウェイユニが可愛くなったことと、優勝してチームが注目されたことに便乗しただけの人は、上述の3つ(選手を知らない・球団のことを知らない・野球を知らない)も当てはまります。
何も知らないので、すぐに化けの皮がはがれます。

違い⑤:皆で集まって騒ぎたいだけ

“友達が赤いの着て、集まってワイワイ楽しそうだから、自分も!”というノリだけの『にわか』もいます。
もちろん、入りのきっかけはそれでも良いのですが、そこ止まりで、何もファンとして進歩がありません。

チームの躍進や選手の活躍を願ったり、一生懸命に皆と応援をしたりという、そんな姿を見せてくれるまでは、『にわか』と呼ばれ続けることになります。

 

『 カープ女子 』がウケる理由  

 カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴 

カープ女子はウケが良いです。
いくつか考えられる理由を挙げてご紹介します。

理由①:赤いユニフォーム

まずは見た目です。ここは大事な所です。
やはり、カープの赤いユニフォームを着た女の子達は、抜群に可愛く見えます。
現在12球団あるプロ野球チームの中で、最も可愛いのはカープのアウェイユニです。

カープは毎年のようにグッズ類の売り上げを伸ばしています。
もちろん、グッズ類だけでなく、入場料などを合わせた総売り上げが4年連続で最高額を更新し続けていますので、人気は絶好調です。

中でも、2009年のユニフォームのデザイン変更は、本当に大成功だったと思うのです。

理由②:母性を感じる

上で少し例を挙げて触れたことですが、カープ女子はジャニーズファンに似ているところがあります。

ジュニアの時代から応援して、育って大きくなっていくのを見守りたいというジャニーズファンの想いに似たところがあるという点です。
女性特有の、母性を感じます。

高卒新卒の頃から応援して、見守って、有名になっていくのを喜んでみている、そんな姿がカープ女子のウケが良い理由の一つのようです。
一途で純粋な気持ちで一生懸命に応援している姿が、男性から見るとたまらなく魅力的に見えるそうです。

理由③:一生懸命に応援する姿に好感が持てる

野球中継を見てお分かりかと思いますが、カープの応援はかなりタフです。
スクワット応援は、けっこう足にきます。
カープ女子が、笑顔で楽しそうに、声を張り上げて応援している姿は好感が持てます。

他球団ファンから見ても、あの姿は一目置かれるのも分かります。
一生懸命さとは伝わるものなのです。

理由④:昔のレジェンドのことも知っている

カープは、資金面の問題もあり、昔から高給取りのスーパースター選手がたくさん所属すると言うチームではありませんでした。
しかし、そんな中でもレジェンドと呼ばれるOBもたくさんいます。

年俸8,000万円を初めて超えた野球選手は、何を隠そうミスター赤ヘル山本浩二さんです。
先日お亡くなりになられた鉄人衣笠さんは、連続試合出場記録を持っていたスター選手です。
津田恒美さんは、炎のストッパーと呼ばれ、記憶にも記録にも残る剛腕投手でした。

カープ女子は、こういった昔の選手のこともよく知っています。
カープの歴史も大事にしているのです。
他球団では、なかなかここまでの話は聞きません。

理由⑤:そもそもカープファンがウケが良い

そもそも、女子に限らずカープファンというのは、他球団ファンからもウケが良いです。

ずっと長い間弱小球団と呼ばれ続けてきたチーム事情もあり、同情的だったところももちろんあります。

弱いながらも、ずっと応援し続けてきた姿勢を評価されているところもあります。
そして、弱かったあまりに、アンチがいなかったということもあります。

金満球団のように、他球団から金に物を言わせて、他球団から選手を引っ張るということもしなかったカープのことを、特に嫌いという人はあまりいないのです。

限られた資金で、しっかりと選手を育成して、ここまで強いチームを作り上げたことに対しては、他球団ファンからも賛辞の嵐です。
努力の結果なので、褒められることはあっても、恨まれることはありません。

ウケが良いというよりも、もっと消極的な理由で、嫌いになる理由があまりなかったということが挙げられるのです。
カープ女子にも同様のことが当てはまっているだけです。

 

『 カープ女子 』が嫌われる理由

 カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴 

そんな中に合って、カープ女子が最近嫌われているというニュース記事やSNSへの投稿を目にするようになりました。
大変残念なことです。どういった理由があるのでしょうか。

理由①:チケット買い占め問題

カープは長らく優勝から遠ざかっていましたので、2016年に久しぶりの優勝が見えてきた時には、日本全国がカープを応援しているような風潮がありました。
25年振りというリーグ優勝へ向かっていく姿を、微笑ましく見ていてくれたのです。

しかしながら、カープファンへの厳しい声が寄せられるようになったのは、チケット買い占め問題くらいからではないでしょうか。

ホームゲームで、ビジターの席もカープファンが買い占めてしまうという事件が起きました。
そして、ビジター席には座らず、内野席で立ち見などして応援するのです。
このあたりから、カープファンに対する見方というか、風向きが変わった気がします。

カープ女子も、このあおりを受けることになりましたので、嫌われることになった第一の理由として挙げるべきでしょう。

理由②:ビジターとしての観戦マナー

カープ女子は、上述しましたように比較的まだファン歴が浅い女性が多いです。
そのため、ビジターで他チームの本拠地へ応援に出かけた際に、暗黙のルール等が分かっていないことが多く、他球団ファンと衝突したり、嫌われたりする原因になっているようです。

例えば、阪神ファンからは、試合後に阪神電車に乗る時には、宿敵である巨人ファンでも応援のユニフォームは脱いでいるにも関わらず、カープ女子は真っ赤なユニフォームを着たまま乗ってくるではないか、という所を指摘されています。

理由③:騒いでいるだけの「にわか」

これもビジターでの観戦マナーとして、特に他球団ファンから寄せられる声です。
せっかくチケットを手に入れて応援に行っても、カープ女子が試合も見ずに、ただただ騒いでいるだけで、試合に集中できないというものです。

これは、カープ女子とは呼びたくありません。
単なる、人気に便乗した「にわか」です。

しかし、赤いユニを着て野球場に来ている以上、周りから見ればカープ女子ということになります。
周りの人の迷惑にならないように、マナーを守って応援してもらいたいものですね。

理由④:応援の迫力

カープの応援はとにかくすごいです。
迫力があります。
スクワット応援もそうですが、選手名を連呼する独特で分かりやすい応援が多いです。

そのため、マナー良く一生懸命応援していても、その迫力に押されて負けそうになる他球団ファンからすると、憎たらしくて仕方ないという存在にもなりえます。

これは、嫌われる理由の中でも、誇らしい理由の一つと言えます。

理由⑤:やっかみ

単純に、カープが強いチームになってしまったことで、「やっかみ」があります。
以前のような弱小球団のままだったら、ここまでのことにはなっていないはずです。

お金をかけない経営で、カープがここまで強くなるとは誰も予想していなかったことです。
これまでの積み重ねがようやく実を結んだ結果です。

しかも、選手はまだまだ若手が多く、選手層も厚いので、しばらくカープの勢いは止まりそうにありません。
昨年リーグ2連覇を達成し、今年もトップを独走中。この強さは、何年かは続きそうです。

これまではアンチ巨人という言葉は良く聞かれました。
巨人ファンが最も多いと言われている中、最も嫌いなチームの統計を取っても、そちらでも巨人は一番であると言うほどでした。

強いチームというのはそういうものです。宿命です。
カープが今後も強いチームであり続ければ、あり続けるほど、カープ女子は嫌われる運命にあるということは、最初から肝に銘じておいた方が良いでしょう。

 

カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴 まとめ

 カープファン・カープ女子(にわかも)の特徴 

いかがでしたでしょうか???

賛否あるとは思いますが、ファンかどうかは、誰かに決めてもらう事ではありませんよね!?

『 にわか 』と言われようが、『 カープ女子 』と言われようが、自分がファンといえば、ファンなんです ! ! ! 笑

自分をしっかり持って ! ! 笑

さあ、カープを応援しよう ! ! !

 

ABOUT ME
moromoro
『moromoroのブログ』をご覧頂きありがとうございます。 ブログ運営者のmoromoroと申します。 小さい頃からカープとお金(笑)が好きで、四十手前の今となっても変わっていません。 文章は稚拙かもしれませんが、自分が調べた諸々について色々と発信していきます。