2020東京五輪

【カープ】セ・リーグ東京五輪2020仕様日程発表も広島には影響なし!?

【カープ】セ・リーグ東京五輪2020仕様日程発表も広島には影響なし!?

【カープ】セ・リーグ東京五輪2020仕様日程発表も広島には影響なし!?

 

こんにちは。

『moromoroブログ』へようこそ。

 

【カープ】セ・リーグ東京五輪2020仕様日程発表も広島には影響なし!?

【カープ】セ・リーグ東京五輪2020仕様日程発表も広島には影響なし!?

22日、セ・リーグは2020年に開催される東京五輪仕様の日程を発表した。

東京五輪の開催により日程の調整が危惧されていたが、各球団の協力により、極めて特殊な形ではあるが問題なくシーズンを乗り切れそうだ。公式戦は、例年より約1週間早い3月20日に開幕される。

五輪開催期間の公式戦中断は7月21日〜8月13日、これに加え東京ヤクルトスワローズの本拠地・明治神宮球場、横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムが使用出来ない期間があることから調整された恰好だ。

使用出来ない期間は神宮球場が7月6日〜9月13日、横浜スタジアムが6月9日〜8月23日となっている。そのため、ヤクルトは7月上旬から9月上旬にかけて東京ドームにて4カード11試合を、横浜DeNAは6月下旬〜7月上旬にかけて同ドームにて2カード6試合をそれぞれ主催する。

両球団とも東京ドームでの主催は初となる。これらは、読売ジャイアンツの全面協力により可能となった。

また、DeNAは7月に千葉ロッテマリンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアムでも主催試合を行う。

日程調整により大きな影響を受けるのはヤクルトとDeNAの2球団。広島東洋カープをはじめとするセ・リーグの残り4球団にとっては大きなアドバンテージとなるかもしれない。

 

主な五輪仕様の日程は次の通り。

 

【東京ヤクルトスワローズ】

対 中日(7月7〜9日・東京ドーム)

対 阪神(7月14〜16日・東京ドーム)

対 阪神(8月22〜23日・東京ドーム)

対 巨人(8月25〜26日・松山坊っちゃんスタジアム)

対 中日(9月4〜6日・東京ドーム)

 

【横浜DeNAベイスターズ】

対 阪神(6月26〜28日・東京ドーム)

対 中日(6月30〜7月2日・東京ドーム)

対 巨人(7月17〜18日・ZOZOマリンスタジアム)

対 ヤクルト(8月14〜16日・新潟)

RELATED POST