カープ

【カープ】床田寛樹、規定投球回143なるか!?次戦完投なら到達

【カープ】床田寛樹、規定投球回143なるか!?次戦完投なら到達

【カープ】床田寛樹、規定投球回143なるか!?次戦完投なら到達

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】床田寛樹、規定投球回143なるか!?次戦完投なら到達

◆令和元年9月11日 広島2ー3中日(マツダスタジアム) 広島 13勝9敗0分

勝利投手:【中日】岡田(3勝2敗11S)

敗戦投手:【広島】レグナルト(6勝3敗0S)

セーブ: 【中日】祖父江(3勝4敗1S)

本塁打: 【広島】

【中日】京田3号(10回表ソロ)

バッテリー:【広島】床田、中村恭、菊池保、フランスア、レグナルト – 會澤

【中日】小笠原、三ツ間、藤嶋、福、R.マルティネス、岡田、祖父江 – 加藤

広島・床田、6回2失点で8勝目ならず「粘れなかった」 初の規定投球回到達も厳しく…

今季は134イニングとなり、規定到達には9イニングが必要に

■中日 3-2 広島(11日・マツダスタジアム)

広島の床田寛樹が11日の中日戦に先発し、6回2失点と好投したが、チームは延長戦でサヨナラ負けを喫して勝ち負けは付かなかった。

【画像】「チンピラに絡まれたと」… DeNA山崎と広島鈴木が路上でバッタリ遭遇

「最近は初回に点を取られることが多かったので、なんとかゼロに抑えたい」とマウンドに上がった床田は、2死から福田に安打を打たれたが、ビシエドを内野ゴロに打ち取り、無失点でスタートした。その裏すぐに味方が1点を先制し、3回にも會澤のタイムリーで2点の援護をもらったが、勝ち投手の権利がかかった5回に2本のタイムリーで同点とされた。

床田は「結局、点を取られてしまったので、粘れなかったということ」と5回の失点を悔やんだ。先頭打者の平田に四球を与え、2死後に大島のタイムリーで1点。さらに京田を歩かせた後、福田に同点打を浴びた。左腕は「ムダなフォアボールから点を取られてしまった。出してはいけない場面での四球だった」と反省した。

「いつも通り、1人ずつしっかり打ち取っていこうと思ったが……」と唇をかんだ床田。緒方監督も「苦しい状況の中で2点に抑えてくれた」と評価したが、8勝目には結びつかなかった。試合前までに今季の登板イニングは128回で、規定投球回数まであと15イニングとなっていた。「ここまで来たら、できれば(規定回まで)いきたい」と意気込んでいたが、残り1試合、先発があるかないかの状況で9イニングが必要と、到達は厳しい状況になった。

大久保泰伸 / Yasunobu Okubo

出典:Full-Count

RELATED POST