Hiroshima

【カープ】レッドバード誕生か!?広島、鳥谷敬争奪戦参戦へ!!

【カープ】レッドバード誕生か!?広島、鳥谷敬争奪戦参戦へ!!

【カープ】レッドバード誕生か!?広島、鳥谷敬争奪戦参戦へ!!

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】レッドバード誕生か!?広島、鳥谷敬争奪戦参戦へ!!

ベテランの“墓場”と揶揄されることもある広島東洋カープ。

過去には石井琢朗、新井貴浩、そして長野久義(現役)と、一時代を築いた名選手たちがベテランと呼ばれる状況で広島に入団している。

そこに求められるのは成績だけではない。彼らが球団にもたらした影響は数字では測れない。

言わずもがな、鳥谷敬も彼らと肩を並べるほどの名選手。

阪神がいらないというなら、堂々と声をあげようじゃないか。

鳥谷敬よ、是が非でも我らが広島東洋カープで、輝かしい野球人生を共に締めくくろうではないか。

広島、「鳥谷敬」獲得へ参戦か? キーマンは「カープ女子」の仕掛人

「引退勧告」を受けた阪神・鳥谷敬の移籍先として“意外な球団”が浮上している。

今季が5年契約の最終年だった鳥谷は、開幕から代打中心の起用で打率2割台前半と低迷。38歳という年齢面での衰えは隠せず、8月末に球団から「引退勧告」を受けたことを本人が明かした。来季の去就についてはまだ明らかにしていないが、通算2000安打や遊撃手として歴代最長の連続フルイニング出場(667試合)を記録するなど、球界屈指の実績や豊富な経験に、現役を続行するなら獲得したい球団は少なくないだろう。

 最有力と見られているのがロッテで、井口資仁監督が鳥谷と師弟関係にあり、さらにかつて阪神で長らく二遊間コンビを結成した今岡真訪二軍監督の存在などが、その理由とされる。一部報道では中日も候補にあがったが、球団代表が否定のコメントを出すなど、オフを待たずに早くも阪神のレジェンド移籍でひと騒動起こっている。

そんななか、サンケイスポーツが9月1日、鳥谷の移籍先として広島の可能性を示唆する記事を出した。「赤チョーノに続き“レッド・バード”誕生あるか?」の見出しが打たれたその記事では、過去に石井琢朗や新井貴浩など、他球団で実績を残した選手を晩年に獲得した成功例を記している。広島球団関係者は肯定でも否定でもないコメントをしているが、昨オフにFA補償選手として巨人から移籍した長野久義に続き、2年連続での大物選手の獲得を期待させている。

記事の見出しのセンスから見ても“微妙な”感じは否めない情報ではあるが、「あながち現実味がない話ではありません」と広島在住のスポーツライターは言う。

「広島の編成部にいる比嘉寿光氏の存在があるからです。鳥谷の同級生の比嘉氏は、早稲田大学時代は青木宣親(ヤクルト)や由田慎太郎(元オリックス)、学年は違いますが和田毅(ソフトバンク)や田中浩康(元ヤクルト)などの豪華メンバーで同校初の六大学リーグ4連覇を達成した盟友です。沖縄尚学高では4番打者、主将として沖縄県勢初の甲子園優勝を達成した比嘉氏は、早稲田でも錚々たるメンバーの中で4番を任され、4年時には主将を務めました」

「カープ女子」の仕掛け人

 鳥谷と同じ年のドラフト3巡目で広島に入団した比嘉氏は、代打でプロ初打席初本塁打を記録したが、故障もあり選手としては大成しなかった。2009年に引退後は広報として球団に残り、ブログを利用しての広報活動の先駆けとなるなど、「カープ女子」の仕掛け人とも言われている。

「比嘉氏は高校、大学と主将を務めた抜群のリーダーシップに加え、沖縄出身の人らしく明るく温厚な性格で、鳥谷の信頼も厚い。2016年からアジアなどの貧しい子供たちに運動靴や文房具をプレゼントする一般社団法人の代表理事を務めており、鳥谷も理事として名を連ねています。この法人名のRED BIRD(レッドバード)は、カープの“赤”と鳥谷の“鳥”という意味であることも想像され、2人の結びつきの強さを感じさせます」(前出の広島在住のスポーツライター)

広島は、菊池涼介が今オフのメジャー移籍を公言し、田中広輔も右膝の手術を行い、復帰後は三塁へのコンバートが噂されている。ショートには大型ルーキーの小園海斗が台頭し、トレードで三好匠を獲得するなど有望株はいるが、かつての石井、新井といったチームに好影響を与える経験豊富なベテランが不在の状況だ。内野ならどこでも守れる鳥谷は、若手のお手本としてもうってつけの存在となる。

ただ、広島の鳥谷獲得でネックになるのが年俸面の問題だ。今季まで鳥谷の年俸は推定4億円と言われるが、石井や新井のように戦力外から2000万円程度で獲得できるなら可能性はありそうだ。

そしてもうひとつ、クリアしなければいけない問題もある、とスポーツ紙の広島担当記者が言う。

「ドラフトに向けてのスカウト会議に毎回参加して意見するなど、カープの補強で松田元オーナーの意向は大きなものとなっています。石井獲得の際も、オーナーの強い推薦があったと言われています。鳥谷がオーナーのお眼鏡に適うかどうか、それに尽きると思います」

松田オーナーは早稲田のライバルである慶應大学の出身だが、それが障害になる、というのは邪推が過ぎるか……。何はともあれ“レッド・バード”誕生は実現するのか。今後が注目される。

週刊新潮WEB取材班

出典:デイリー新潮

RELATED POST