Hiroshima

【カープニュース2.16】フラ・島内好投にバティスタ場外弾インフル感染者も

【カープ2.17】長野マルチ&大瀬良の快投&西川は全7ポジション対応

【カープニュース2.16】フラ・島内好投にバティスタ場外弾インフル感染者も

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

【カープニュース2.16】フラ・島内好投にバティスタ場外弾インフル感染者も

フランスアが紅白戦で好投を見せる 

【カープニュース2.16】フラ・島内好投にバティスタ場外弾インフル感染者も広島・フランスア投手

ヘロニモ・フランスア投手が沖縄・コザしんきんスタジアムで行われた紅白戦に初登板し、順調な仕上がりを見せた。紅組で登板したフランスアは自慢の直球を軸に1イニングを三者凡退に抑えた。今季は先発としての期待もかかるが、現実はセットアッパーとしても捨てがたい。

フランスアは、「チェンジアップとカーブがよかった。まっすぐはすこしたかくなった。」と日本語で語った。

試合は紅組が4−1で勝利している。

ドラフト2位右腕・島内颯太郎が2回完全投球

【カープニュース2.16】フラ・島内好投にバティスタ場外弾インフル感染者も広島ドラ2右腕・島内颯太郎

ドラフト2位の島内颯太郎投手(22)が紅白戦に登板。

広島ドラフト2位の先発候補、島内颯太郎投手(22=九州共立大)が沖縄・コザしんきんスタジアムで行われた紅白戦に紅組の2番手として登板し、2イニングを完全投球した。最速145キロの直球に変化球を織り交ぜ野間、菊池涼介、バティスタ、松山、會澤翼、坂倉と強力打線を完全に封じ込んだ。

佐々岡投手コーチは、「打者がいれば良くなる実戦派。短いイニングも面白いかな。」とリリーフとして合格点を与えた。

バティスタの150メートル場外弾が民家直撃 

【カープニュース2.16】フラ・島内好投にバティスタ場外弾インフル感染者も民家直撃弾を放つ広島・バティスタ

サビエル・バティスタ外野手がフリー打撃で推定飛距離150メートルの場外弾を放った。打球は両翼100メートルのコザしんきんスタジアム左翼スタンド後方の防球ネット(高さ17メートル)を超え、車道向こうの民家に直撃した。

球場関係者は「改修前のネットが低い頃は超えることもありましたが、改修して新しくなってからは超えたことがない。」と語るも、バティスタは「ウインド(風)」と平然としていた。

庄司隼人・山口翔の二人がインフルエンザA型に感染

【カープニュース2.16】フラ・島内好投にバティスタ場外弾インフル感染者も広島・庄司隼人内野手と山口翔投手

沖縄でキャンプ中の広島東洋カープ庄司隼人内野手(27)と山口翔投手(19)がインフルエンザA型に感染している事が分かった。二人はキャンプ地のコザしんきんスタジアムを訪れたがその後体調不良を訴え練習を回避。沖縄市内の病院で診察を受けた。

佐々岡投手コーチ就任後初マウンド・九里亜蓮に助言

【カープニュース2.16】フラ・島内好投にバティスタ場外弾インフル感染者も広島・佐々岡真司投手コーチ

広島東洋カープの佐々岡真司投手コーチが、就任後初めてマウンドへ向かった。この日行われた紅白戦でマウンドに上がった九里亜蓮は四回、2死1・2塁で上本に2点適時三塁打を浴び、続く船越には四球を与えさらに窮地に。そこで佐々岡コーチがマウンドに歩み寄り「しっかり打ち取れ」と助言を送った。

佐々岡の助言により立ち直った九里亜蓮は直後の田中広輔を見逃し三振に抑え、追加点は許さなかった。

 

View this post on Instagram

 

監督が指導。期待の証。 #カープ #沖縄キャンプ #カープ沖縄 #緒方監督#九里亜蓮

Maruoka Hidekazuさん(@marusan9999)がシェアした投稿 –

RELATED POST