Hiroshima

【カープ】新打線「タナキクチョー&セイヤ」で日本一奪取!

【カープ】新打線「タナキクチョー&セイヤ」で日本一奪取!

【カープ】新打線「タナキクチョー&セイヤ」で日本一奪取!

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

【カープ】新打線「タナキクチョー&セイヤ」で日本一奪取!

【カープ】新打線「タナキクチョー&セイヤ」で日本一奪取!広島「タナキクチョー&セイヤ」のチョーこと長野久義

広島東洋カープ2019年型新打線「タナキクチョー&セイヤ」がいきなり機能、大爆発した。

18日、沖縄・コザしんきんスタジアムで韓国KIAとの今季初となる対外試合が行われ、広島が8ー0で大勝した。この日のスターティングメンバーは、1・2番は田中広輔・菊池涼介と昨年までと同じだが、巨人へFA移籍した丸佳浩の代わりに3番に入ったのはその丸の人的補償で新加入した長野久義外野手(34)だった。

長野を3番に据えた新打線は初回、1死から菊池涼介がセンター前ヒットで出塁すると続く長野も初球をセンター前にはじき返した。「キクチョー」の連打で一、二塁とし、4番の鈴木誠也を迎える。カウント2−2から真ん中付近の直球を捉え、高く舞い上がった打球を右翼芝生席へ放り込んだ。

丸が抜けても、広島の破壊力は全く落ちていない。これが進化した2019年版カープ打線だと言わんばかりだ。

東出打撃コーチは、「打順は4番以外本当に決めていない。もちろん、3番・長野もあると思うが、投手によってはジグザグ打線にもなり得る。」と話す。現時点ではこう言わざるを得ないだろう。しかし、「タナキクチョー&セイヤ」の並びはあまりにも魅力的すぎる。

「タナキクチョー&セイヤ」、この打線が完成すればセ・リーグ4連覇、そして35年ぶり悲願の日本一も夢ではない。

 

View this post on Instagram

 

長野選手 サインしてもらいました😄 #カープ #沖縄キャンプ #長野久義

Yoshikoさん(@toyo445)がシェアした投稿 –

RELATED POST