Hiroshima

【カープ】新人王候補森下OP戦好投も意味なし!?無観客で抑えても…

【カープ】新人王候補森下OP戦好投も意味なし!?無観客で抑えても…

【カープ】新人王候補森下OP戦好投も意味なし!?無観客で抑えても…

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】新人王候補森下OP戦好投も意味なし!?無観客で抑えても…

“外野”がどれだけ喚こうが、我らが広島東洋カープが誇る黄金ルーキー・森下暢仁は新人王候補最右翼であることは言うまでもない。

無観客で好投も意味なし!?

無観客だろうが、たとえ超満員だろうが抑える。それが理想の投手像であろう。

コロナウイルスの影響で、ペナントレース開幕は未だ不透明のままだが、森下の名が日本に轟く日はそう遠くはないはずだ。

広島森下にオリ勝俣…無観客で活躍するルーキー信用値せずのワケ

3/11(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 今年は新人の当たり年といわれる。

例えば広島のドラフト1位・森下(明大)は3試合11回に投げて2失点で、先発ローテ入りが当確とか。ソフトバンクの津森(東北福祉大)は3試合3回を無失点。中日の橋本(大商大)は2試合、岡野(東芝)は1試合に投げて無失点だ。3日には日本ハムの河野(JFE西日本)、鈴木(JX―ENEOS)、望月(創価大)、長谷川(BC・新潟)、立野(東海理化)が巨人打線を“完封”した。

打ってはオリックスの勝俣(国際武道大)がすでに2本塁打。中日の郡司(慶大)もここまで5試合で7打数3安打の打率・429と気を吐いている。

キャンプ中に騒がれたのは高卒ルーキーのロッテ・佐々木(大船渡)とヤクルト・奥川(星稜)だったが、実戦が始まると彼らに代わって大学や社会人出身の新人がスポーツマスコミを賑わせるようになった。もちろん、公式戦でも活躍する選手は中にはいるかもしれないが、「無観客の試合で結果を出しても、どこまでアテになるか……」と、ある球団の編成担当者がこう続ける。

「観客がいないオープン戦は、当然のことながらスタンドからの大きなヤジも声援もない。対外試合とはいえ、ほとんどプレッシャーがかからない中で残した数字は信用しにくいのです。レギュラークラスの選手も、いまひとつ気合が入らないのでしょう。中途半端な精神状態でプレーをしてケガでもされたらかなわないと、主力を早めにベンチに下げるケースが例年以上に目立つ。一軍半や二軍相手なら数字も残せますからね」

日本ハムの新人5人が巨人戦で好投。テレビのアナウンサーから今年のルーキーは楽しみですねと水を向けられたベテラン左腕の宮西は「まだ分からないし、1年終わってからでないと」という趣旨のコメントをした。

ただでさえオープン戦の結果が公式戦に直結するとは限らないうえ、無観客という特殊な状況下での数字はアテにならないと思っていればこその発言かもしれない。

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

RELATED POST