カープ

【カープ】FA丸の人的補償プロテクトリストから第2の一岡が?

【カープ】FA丸の人的補償プロテクトリストから第2の一岡が?

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

【カープ】FA丸の人的補償プロテクトリストから第2の一岡が?

【カープ】FA丸の人的補償プロテクトリストから第2の一岡が?出典:news.livedoor.com

広島東洋カープからFA(フリーエージェント)移籍した『丸佳浩』が、11日、読売ジャイアンツと選手契約を締結した。その翌12日、広島東洋カープの球団事務所に、巨人へFA移籍した『丸佳浩』の人的補償としてプロテクト28人を除いた獲得可能選手リストが届いた。

カープは金銭よりも一緒に戦える選手を求めており、鈴木清明球団本部長は『これから精査して決めていく。年を越すかもしれない。』とコメントした。

カープが獲得した過去の人的補償選手

過去、所属選手のFA移籍によりカープに人的補償で入団した選手といえば、2007年に阪神タイガースへ移籍した『新井貴浩』選手の補償で『赤松真人』外野手が。赤松はここ数年病気の影響もあり出場試合数は少なくなっているが、守備固めや代走など入団以降カープにとって欠かすことのできない貴重な戦力となっている。

【カープ】FA丸の人的補償プロテクト28名のリストが届く!第二の一岡竜司になるのは誰だ!決定は来年へ持ち越しか?出典:mainichi.jp

そしてまだ記憶に新しい2013年オフに巨人へFA移籍した『大竹寛』投手の人的補償でカープに入団したのが『一岡竜司』投手だ。一岡はカープに入団以降1年目から大ブレイクを果たし、中継ぎのエースとして、セ・リーグ3連覇になくてはならない存在だったといっても過言ではない。2018年は59試合に登板し防御率2.88という成績を残し大車輪の活躍だ。

【カープ】FA丸の人的補償プロテクトリストから第2の一岡が?出典:gensun.org

一方、カープ時代は『前田健太』投手に次ぐ第2エースとして活躍していた『大竹寛』投手は、巨人に移籍以降思ったような成績を残せていない。巨人にとっては期待外れといってもいいだろう。2018年はわずか2試合の登板で1勝1敗、防御率6.00。自身の補償でカープに移籍した一岡と比べても対照的な結果が出ている。

【カープ】FA丸の人的補償プロテクト28名のリストが届く!第二の一岡竜司になるのは誰だ!決定は来年へ持ち越しか?出典:baseballmania.com

『丸佳浩』2018年の打撃成績 

【カープ】FA丸の人的補償プロテクト28名のリストが届く!第二の一岡竜司になるのは誰だ!決定は来年へ持ち越しか?

『丸佳浩』は今季、125試合に出場、打率.306、39本塁打97打点、130四球、出塁率.468という素晴らしい成績を残し、悲願の日本一こそ逃したものの、セ・リーグ3連覇の立役者となった。最高出塁率のタイトル、さらには2年連続のセ・リーグ最優秀選手賞(MVP)に加え、ベストナイン、ゴールデングラブ賞にも選ばれた。

RELATED POST