Hiroshima

【カープ】またV率0%!?からの逆転Vじゃろ!!鯉党もう慣れた!?

【カープ】またV率0%!?からの逆転Vじゃろ!!鯉党もう慣れた!?

【カープ】またV率0%!?からの逆転Vじゃろ!!鯉党もう慣れた!?

 

こんにちは。

『moromoroブログ』へようこそ。

 

【カープ】またV率0%!?からの逆転Vじゃろ!!鯉党もう慣れた!?

◆令和元年6月23日 セ・パ交流戦 広島3ー9オリックス(@マツダスタジアム)

【カープ】またV率0%!?からの逆転Vじゃろ!!鯉党もう慣れた!?ホームインを呆然と見つめる広島の選手会長・會澤翼捕手

リーグ4連覇、そして35年ぶり悲願の日本一を目指す今季の広島東洋カープだが、シーズン開幕から4カード連続で負け越しを喫し”データ上「V率0%」”となるも5月に入り破竹の11連勝などで今度は「V率100%」に。

そんな乱高下を続けながら迎えたセ・パ交流戦では、全カード勝ち越しなし(※楽天との最終戦次第ではあるが・・・)の単独最下位に終わった。そうしてまた浮上したのが「V率0%」というキーワードだ。

 

この日の延長10回、オリックスに9点を献上し大敗したことはもはやどうでもいい。それよりも、何故交流戦になると弱くなるのか。ひょっとすると、そもそも広島カープは強くない?セ・リーグに問題が?セ・リーグはDH制の導入を急ぐべき!?

四の五の言っても仕方がない、理屈じゃないのも分かっているが交流戦の広島には覇気が全く感じられなかった。

 

『選手たちは全試合、一生懸命戦っている。誰一人最後まで諦めてはいない。』それはそうだろう。

だが現状、そんな綺麗事では日本中に広がる広島カープファン、鯉党らは納得しない。我々が欲しいのはあくまでも結果なのだ。

弱くても応援する。たとえ負け続けても、ダントツ最下位でも応援する。それが真のファンの姿!?そんな綺麗事はもういい。

リーグ3連覇中の球団がこんな見苦しい試合をしていては恥ずかしいにもほどがある。たとえセ・リーグを制覇してもパ・リーグの覇者にとっては日本シリーズはおまけみたいなものだろう。ほとんど出来レースだ。

 

V率0%!?そんな言葉はもう聞き飽きた。むしろ慣れたといってもいい。

 

交流戦を終えた広島東洋カープに期待するのは、”ただの「逆転V」”ではない。金満球団・読売ジャイアンツをはじめとするセ・リーグ全球団に圧倒的な力の差を見せつけてのリーグ優勝だ。それでようやく、パ・リーグ覇者への挑戦権が得られるというものだ。

 

最後に。

どこの誰がなんと言おうが、私は広島東洋カープを愛している。

RELATED POST