カープ

カープ菊池涼介メジャー!FAでなくポスティングシステムで挑戦明言

カープ菊池涼介メジャー!FAでなくポスティングシステムで挑戦明言

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

カープ菊池涼介メジャー!FAでなくポスティングシステムで挑戦明言

カープ菊池涼介メジャー!FAでなくポスティングシステムで挑戦明言出典:nikkei.com

21日、広島東洋カープ『菊池涼介(28)』内野手がマツダスタジアム内の球団事務所で契約更改交渉に望んだ。年俸は5000万円アップの2億4000万円でサインした。

6年連続でゴールデングラブ賞を受賞している名二塁手菊池は、その契約更改交渉の場で、近い将来のアメリカ大リーグ挑戦の意思を伝えた。2021年にも海外FA権の資格取得条件を満たすが、あえてポスティングシステム(入札制度)を利用しての挑戦を志願した。

菊池は交渉後の会見で次のように語っている。

『前から向こう(メジャー)でやりたいと思っていた。成績を残さなければならないので、自分にハッパをかけるつもりで伝えさせていただきました。野球をやっている以上、トップのレベルでやりたい。僕もその一人。』

得意の守備面では6年連続でゴールデングラブ賞に選ばれているものの、今季は打撃不振に苦しみ、打率.233・13本塁打・60打点の成績に終わった。それでも驚異的な守備力には疑いの余地はなく失策は自己最少となるわずか3つで終えた。守備率は二塁手としてリーグトップの.996を誇り、ゴールデングラブ賞はヤクルトのトリプルスリー男『山田哲人』を抑えダントツの最多得票で受賞した。

ポスティングシステム(入札制度)といえば、2015年に『前田健太』投手が同制度でドジャースに移籍している。

日本代表として出場した2017年のWBC(ワールドベースボールクラシック)でも菊池は超人的な守備を披露し、その活躍はMLBの公式サイトでも紹介されるなどすでにメジャーは『KIKUCHI』を知っている。

菊池はカープのセ・リーグ3連覇に大きく貢献。順調にいけば来季中にも国内FA権を取得する。さらに2021年には海外FA権を取得する予定だが、もしポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦となれば前倒しで挑戦という形になる。

広島カープの鈴木清明球団本部長は、『今日の会見で言うとは思わなかった。来年のことなので(容認するか、留意するかも含めて)コメントすることはない。』とコメント。

近年は無敵にも見えるカープだが、主力の流出が続くここが正念場ではないだろうか。これを乗り越え常勝軍団となるべく若手の成長が急務だ。

RELATED POST