Hiroshima

【カープ】江本孟紀氏、菊池涼の忍者守備に驚愕「あれだけ難しい球を…

【カープ】江本孟紀氏、菊池涼の忍者守備に驚愕「あれだけ難しい球を…

【カープ】江本孟紀氏、菊池涼の忍者守備に驚愕「あれだけ難しい球を…

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】江本孟紀氏、菊池涼の忍者守備に驚愕「あれだけ難しい球を…

◆令和元年9月13日 巨人5ー1広島(東京ドーム) 広島 13勝10敗1分

勝利投手:【広島】山口(14勝4敗0S)

敗戦投手:【中日】九里(8勝8敗0S)

セーブ: 【広島】

本塁打: 【広島】

【中日】

バッテリー:【広島】九里、塹江、遠藤、中田、今村 – 會澤

【中日】 山口、中川 – 小林

 

広島東洋カープが誇る史上最高二塁手!?の菊池涼介内野手が、忍者のような動きで毒舌解説者の江本孟紀氏を驚かせた。

5回、巨人・田中俊太が一、二塁間に放った打球を菊池涼が一回転して一塁へ送球。判定はアウトに。

このプレーを見ていた解説の江本氏は「あれだけの難しい球を当たり前にアウトにしますよね。送球までの間が短い。余分な動きがないというか、身体が柔らかいんですよね。カチカチな筋肉の人にはこのプレーは無理です。」とコメントした。

さらに続く小林誠司の打球をさばいた菊池涼のプレーに「普通の人の倍くらい動いてますよ。」と驚愕!?した様子で話した。

RELATED POST