Hiroshima

【カープ 】巨人に大きなヒビ!?坂本離脱で広島が一気に攻勢をかける

【カープ 】巨人に大きなヒビ!?坂本離脱で広島が一気に攻勢をかける

【カープ 】巨人に大きなヒビ!?坂本離脱で広島が一気に攻勢をかける

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ 】巨人に大きなヒビ!?坂本離脱で広島が一気に攻勢をかける

【カープ 】巨人に大きなヒビ!?坂本離脱で広島が一気に攻勢をかける

 

離脱の坂本だけじゃない M20足踏み巨人に“故障予備軍”ゾロゾロ

巨人の坂本勇人(30)が、八回の守備から途中交代した。七回2死から中前打で出塁。次打者・丸の4球目にスタートを切ったものの、空振り三振で無得点に終わった直後だ。一度は遊撃の守備に就いたが、投球前に小走りでベンチに下がった。

七回までわずか3安打無得点に封じられていた打線にあって、2安打1四球と孤軍奮闘していただけに、東京ドームは騒然としたムードに包まれた。原監督は「正常ではないということ」とムッツリ。何らかのアクシデントが起きたとみられる。

巨人は0―2で敗れ、優勝へのマジックは20のまま。広島先発のジョンソンから8四死球をもらいながら10残塁の拙攻で、25日のDeNA戦に続く2試合連続の完封負けを喫した。これで今季の対戦成績は7勝13敗1分け。5年連続で広島戦の負け越しが決まり、ゲーム差は5.5に縮まった。原監督は「いい気持ちはしないね。力そのものはやはり、今日まではカープが上回ってるというところ」と素直に認め、坂本勇は「明日は動いてから(の判断)になると思う」と言葉少なだった。

坂本勇は若い頃から腰痛を抱えている。今季はそれが表面化。大差の試合終盤にはベンチに下がるなど、首脳陣に配慮されてきた。昨季は左脇腹を痛め、登録抹消を経験している。過去には下半身に故障歴もある。もし大黒柱の主将が離脱するようなら巨人がこのままゴールテープを切れる保証はどこにもなくなる。

この日はリリーフの沢村もベンチ入りメンバーから外れた。試合前練習の際、トレーナーを伴ってベンチに引き揚げており、こちらも故障が発生した可能性がある。

他にも“予備軍”はゾロゾロいる。きょう先発予定のエース菅野は5月に腰の違和感で登録を抹消。最近は連勝中で勝ち星を2ケタの10勝(5敗)に乗せ、調子を取り戻しつつあるが、さる球界関係者がこう言うのだ。

「腰の違和感と闘いながら投げています。エースの自覚から首脳陣にフル回転を買って出ているようだけど、体が悲鳴を上げる可能性は常にある状態です」

現在リーグトップタイの12勝(3敗)のエース格・山口にしても、今月1日に右肘の張りで登録を抹消、12日には一軍復帰したものの不安を抱えている。この日1番に入った陽は、1カ月前に腰痛で戦線を離れていた。原監督が絶大な信頼を寄せるリリーフのマシソンは、6月に右内転筋の肉離れで離脱。復帰後も足をかばいながらの投球が続く。ざっと挙げるだけでも、故障の危険性がある主力が、わんさかいるのだ。

この日は2位DeNAも勝って巨人とのゲーム差は5。足踏みする巨人に暗雲が立ち込めてきた。

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

RELATED POST