Hiroshima

【カープ】Deラミら広島心配も「いらん世話じゃ!」

【カープ】Deラミら広島心配も「いらん世話じゃ!」

【カープ】Deラミら広島心配も「いらん世話じゃ!」

 

こんにちは。

『moromoroブログ』へようこそ。

 

【カープ】Deラミら広島心配も「いらん世話じゃ!」

【カープ】Deラミら広島心配も「いらん世話じゃ!」横浜DeNA・ラミレス監督

まさに、「いらん世話じゃ!」である。

リーグ4連覇、そして35年ぶり悲願の日本一を目指しているはず!?の我らが広島東洋カープに、横浜DeNAベイスターズ・ラミレス監督ら他球団選手らが心配の声を寄せている。

もう一度言う。

「いらん世話じゃ!」である。

各球団関係者らの広島を心配!?する声は以下の通り。

 

横浜DeNAベイスターズ・ラミレス監督

「チームリーダーの丸が抜けた。同じくリーダーの新井も抜けたので仕方がない。」

東京ヤクルトスワローズ・A選手、B選手

A選手:「丸と野間を比較したらやはり比べものにならない。気持ち的に違う。」

B選手:「奇数の打順がうまくいっていないので打線が繋がっていない。4番の鈴木だけ気をつければいい。去年までは守り勝つイメージが強かったが、今季は失策も多い。焦りもあるのか、四球で崩れているイメージもある。」

阪神タイガース・C選手、D選手

C選手:「ムードメーカーの新井選手が抜けたのは大きいですね。あの人がチームをまとめていたはず。」

D選手:「打線不振の影に隠れてはいるが、そもそも投手陣に不安があるのでは。」

中日ドラゴンズ・E選手

「丸が抜けた影響もないわけじゃないが、そこじゃない。問題はリリーフ陣の勤続疲労。目一杯で3連覇してきたので仕方がないかも知れないが、年々パフォーマンスが落ちている。」

 

と、散々な言われようだが、4勝11敗で最下位に沈む現状からなんとか這い上がろうともがいているのは事実。しかし心配はない。まだたったの15試合、ひと回りしかしていない。広島の逆襲はまだまだこれから。

何!?されど15試合!?

もう一度言う、「いらん世話じゃ!」である。

RELATED POST