Hiroshima

【カープ】2019ドラフトは大船渡・佐々木と星稜・奥川の2トップ

【カープ】2019ドラフトは大船渡・佐々木と星稜・奥川の2トップ

【カープ】2019ドラフトは大船渡・佐々木と星稜・奥川の2トップ

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】2019ドラフトは大船渡・佐々木と星稜・奥川の2トップ

【カープ】2019ドラフトは大船渡・佐々木と星稜・奥川の2トップ写真左:星稜・奥川恭伸 写真右:大船渡・佐々木郎希

今秋ドラフトに向け各球団が忙しなくなっている。

主役はもちろん、甲子園準優勝投手の星稜・奥川恭伸と高校生史上最速163km右腕の大船渡・佐々木郎希の二人だ。奥川・佐々木のどちらか、もしくは二人ともがセパ全12球団、ドラフト1位候補に挙げている。

12球団最速で1位指名を名言したのは!?

 まず12球団最速で佐々木の1位指名を名言したのが北海道日本ハムファイターズだ。6月に佐々木の視察に訪れた球団GMの吉村浩は「能力が違いすぎる。圧倒的。」と発言している。日本ハムは過去にもダルビッシュ有、大谷翔平、清宮幸太郎そして昨秋の吉田輝星とスター選手を相次いで獲得しているだけに今回の佐々木獲得参戦にも納得だ。

勝利至上主義の阪神は・・・ 

 日本ハムが佐々木一択の一方で、阪神タイガースは違うようだ。球団社長の野崎勝義氏は「うちは勝利至上主義。現場主導で即戦力の奥川くんを優先する。」と話す。

阪神はドラフト会議に球団幹部、スカウト、監督が出席、その中で指名選手の最終決定権があるのは監督だ。今季は先発陣の駒が揃わず、Bクラスでシーズンを終えることが濃厚なだけに現場の矢野監督は即戦力を優先するという見立てだ。

リーグ制覇目前の巨人、追う広島は誰を狙う!? 

 更に今季は、巨人も先発の駒に悩まされている。エース菅野智之は奥川について「天性の腕の振りをしている。あれは教えられて出来るものではない。」と話す。もし巨人に入団すれば、1年目の先発ローテーション入りも「余裕でしょ。」と絶賛している。

 今秋ドラフトの2トップ、大船渡・佐々木郎希、星稜・奥川恭伸の両名は、果たしてどの色のユニフォームを着ることになるのだろうか。

鯉党&広島東洋カープの大ファンである筆者としては、“どちらでもいい”が、“どちらかは欲しい”といったところだ。

RELATED POST