Hiroshima

広島東洋カープ歴代ベストナイン・メンバー考察

そして、毎日変わります。

今回は現役選手は無しで。

現役選手を入れてしまうと、悩みすぎて爆発してしまうので。。。

 ベストスターティングメンバー・野手編

 広島東洋カープ歴代ベストナイン・メンバー考察 

 

1番・ショート 野村 謙二郎


オーナーズリーグ マスターズ 2013 OLM02-025:野村謙二郎(スターマスター)広島東洋カープ バンダイ カードダス

 

右投左打

通算成績:2020安打 169本塁打 765打点 打率.285 250盗塁

キャリアハイ:打率.315 32本塁打 75打点 30盗塁(トリプルスリー)

 

3度の盗塁王、歴代5位のスピードで1500安打達成、全盛期にはシーズン30本塁打を放つパンチ力、さらにはゴールデングラブ賞も獲得するなど走攻守三拍子揃った名遊撃手。

 

主な獲得タイトル・表彰

 

最多安打:2回(1994年、1995年)※正式タイトル制定前の1991年にも記録(最多安打の正式タイトル制定は1994年)

盗塁王:3回(1990年、1991年、1994年)

ベストナイン:3回(1991年、1995年、1996年)

ゴールデングラブ賞:1回(1995年)

日本シリーズ優秀選手賞:1回(1995年)

MVP月間:2回(1993年4月、1995年5月)

セ・リーグ会長特別表彰:1回(2005年)

大分県佐伯市民栄誉賞(1996年3月15日)

 

2番・レフト 緒方 孝市


カルビー2003 プロ野球チップス スターカード クリスタルパラレル No.S-10 緒方孝市

 

右投右打

通算成績:1506安打 241本塁打 725打点 打率.282 268盗塁

キャリアハイ:打率.305 36本塁打 69打点 18盗塁

 

盗塁王を獲得した足の全盛期と、打撃の全盛期が異なる異色の選手。盗塁王時代はあの古田敦也をして『刺せると思って刺せなかった唯一の選手』と言わしめた。

打撃開眼がもう少し早ければトリプルスリーも充分あり得ただろう。

5年連続ゴールデングラブ賞を獲得した守備も魅力の一つ。

 

主な獲得タイトル・表彰

 

盗塁王:3回(1995年 – 1997年)

ゴールデングラブ賞:5回(1995年 – 1999年)

月間MVP:1回(1995年9月)※セ・リーグ歴代3位の月間21盗塁

Go・Go強肩賞:1回(1996年9月)

Go・Go好走塁賞:1回(1998年4月)

スピードアップ賞:1回(2003年)

出典:緒方孝市 – Wikipedia

 

3番・ライト 前田 智徳


☆送料無料☆BBM2012 GENESIS/ジェネシス「前田智徳」25枚限定パラレル 【中古】シングルカード

 

右投左打

通算成績:2119安打 295本塁打 1112打点 打率.302

キャリアハイ:打率.335 24本塁打 80打点

 

アキレス腱断裂が無ければ、一体どれほどの記録を残していたのだろうか。

幾多の名選手から『天才』と称される圧巻の打撃センスから、歴代5位タイとなるシーズン打率3割以上11回を記録している。

 

主な獲得タイトル・表彰

 

ベストナイン:4回(1992年 – 1994年、1998年)

ゴールデングラブ賞:4回(1991年 – 1994年)

MVP:4回(1992年9月、1998年4月、2000年4月、8月)

優れたJCB・MEP報奨:3回(1992年、1997年、1998年)

JA全農Go・Go賞(好捕賞):1回(1994年6月)

カムバック賞:1回(2002年)

オールスターゲームMVP:1回(2005年第2戦 4打数3安打2打点)

オールスター優秀選手賞:1回(2007年7月20日・代打でオールスター初本塁打を記録)

広島県民栄誉賞(2007年9月12日)※史上7人目。広島東洋カープの選手としては山本浩二、衣笠祥雄、北別府学、野村謙二郎に次いで5人目。

玉名市民栄誉賞(2007年9月28日)※新設第1号

『ジョージア魂』賞:(2012年度第7回)

出典:前田智徳 – Wikipedia

 

4番・センター 山本 浩二


【中古】スポーツ/プロモーションカード/広島東洋カープ/日本プロ野球OBクラブ 設立20周年カードセット第1集 BOX特典 PR-1 [プロモーションカード] : 山本浩二

 

右投右打

通算成績:2339安打 536本塁打 1475打点(歴代10位) 打率.290 231盗塁

キャリアハイ:打率.336 44本塁打 112打点

 

皆さまご存知『ミスター赤ヘル』。この打撃成績でありながら、ダイヤモンドグラブ賞(現在のゴールデングラブ賞)を10年連続受賞している。

文句のつけどころがありません。

 

主な獲得タイトル・表彰

 

首位打者:1回(1975年)

本塁打王:4回(1978年、1980年、1981年、1983年)

打点王:3回(1979 – 1981)

最多出塁数:3回(1979年、1980年、1983年)

MVP:2倍(1975年、1980年)

ベストナイン:10回(1975年、1977年 – 1984年、1986年)

ダイヤモンドグラブ賞:10回(1972年 – 1981年)※外野手としての通算10回受賞・10年連続受賞はともにセ・リーグ記録。

日本シリーズ敢闘賞:1回(1984年)

月間MVP:5回(1975年8月、1978年8月、1980年6月、1983年4月、1986年4月)

オールスターゲームMVP:2回(1975年 第1戦、1979年 第3戦)

野球殿堂入り(競技者表彰:2008年)

出典:山本浩二 – Wikipedia

 

 5番・サード 衣笠 祥雄


【中古】オーナーズリーグ/LE/広島東洋カープ/2011 04 12球団マスコット電撃参戦! OL08 L 011/012 [LE] : [コード保証無し]衣笠 祥雄

 

右投右打

通算成績:2543安打(歴代5位) 536本塁打(歴代7位) 1448打点 打率.270 266盗塁

キャリアハイ:打率.329 31本塁打 102打点

 

言わずと知れた、元祖『鉄人』。

衣笠祥雄といえば、日本記録となる2215試合連続出場ばかりが話題に上がるが、歴代7位となる通算本塁打を記録した長打力、盗塁王も獲得した総力、ゴールデングラブ賞を3回獲得した守備力を兼ね備えた球史に残る名サード。

赤ヘル軍団黄金期には山本浩二との名コンビであのONに次ぐアベックホームラン86回を記録した。

 

主な獲得タイトル・表彰

 

打点王:1回(1984)

盗塁王:1回(1976年)

最多安打(当時連盟表彰なし):1回(1972年)※1994年より表彰

MVP:1回(1984年)

ベストナイン:3回(1975年、1980年、1984年)

ゴールデングラブ賞:3回(1980年、1984年、1986年)

月間MVP:4回(1975年6月、1979年9月、1982年6月、1983年7月)

正力松太郎賞:1回(1984年)

日本プロスポーツ大賞:1回(1984年)

国民栄誉賞(1987年)

野球殿堂入り(競技者表彰:1996年)

出典:衣笠祥雄 – Wikipedia

 

6番・セカンド グレッグ・ラロッカ


BBM2005 広島東洋カープ Soul of Carp No.SC5 ラロッカ

 

右投右打
現オリックス駐米スカウト

キャリアハイ:打率.328 40本塁打 101打点

打率3割40本塁打100打点を記録し、強打の二塁手として強烈な1年目を過ごしたものの、怪我に無き僅か3年でカープを去った。
シーズン最多死球記録保持者でもある。

主な獲得タイトル・表彰

 

最高出塁率:1回(2004年)

ベストナイン:2回(2004年:二塁手、2007年三塁手)

出典:グレッグ・ラロッカ – Wikipedia

 

 7番・ファースト ルイス・ロペス

  広島東洋カープ歴代ベストナイン・メンバー考察

右投右打

通算成績:795安打 133本塁打 510打点 打率.303

キャリアハイ:打率.320 30本 112打点

最後の1年を除き、広島在籍中は3割を切ったことがない打率と長打を兼ね備えた打点マシーン。
前田智徳といざこざを起こしてカープを去ったのは寂しかった。

 

主な獲得タイトル・表彰

 

打点王:2回(1996年、1997年)

最多安打:1回(1997)

ベストナイン:2回(1996年、1997年)

MVP月間:1回(2000年9月)

 

8番・キャッチャー 西山 秀二

 広島東洋カープ歴代ベストナイン・メンバー考察 

 

右投右打

通算成績:716安打 50本塁打 282打点 打率.242

キャリアハイ:打率.314 3本塁打 41打点

カープのキャッチャーと言えば達川光男が有名だが、キャリアハイならこの西山秀二に軍配が上がる。
広島のキャッチャーとして、唯一の規定打席到達3割打者でもある。

 

主な獲得タイトル・表彰

 

ベストナイン:2回(1994年、1996年)

ゴールデングラブ賞:2回(1994年、1996年)

最優秀バッテリー賞(特別賞):1回(1996年)

JA全農Go・Go賞(好走塁賞):1回(2000年4月)

出典:西山秀二 – Wikipedia

ベストメンバー・投手編

9番に入る投手陣は、先発ローテーション+中継ぎ+抑えとして、次の記事で考察していきたいと思います。

 

番外編:惜しくも漏れてしまった選手たち。笑

 

ショート 高橋 慶彦

 

 広島東洋カープ歴代ベストナイン・メンバー考察 

 

右投両打 遊撃手

33試合連続安打の日本記録を打ち立てた稀代のスイッチヒッター。

通算477盗塁は歴代5位の記録。

 

セカンド 正田 耕三

 

右投両打 二塁手

2年連続で首位打者を獲得した巧打者。

盗塁王・ゴールデングラブ賞も獲得しており、総合力は高い。

 

サード 江藤 智


オーナーズリーグ マスターズ 2012 OLM01-060:江藤 智(スターマスター)広島東洋カープ バンダイ ネットカードダス

 

右投右打 三塁手、一塁手

本塁打王を2度獲得した打棒と、強肩を生かした守備が魅力の三塁手。

 

外野手 山崎 隆造

右投両打

ゴールデングラブ賞4回の守備と、打撃タイトルは無いものの3年連続で打率3割を記録、通算228盗塁するなど走攻守揃った外野手。

 

外野手 金本 知憲


KONAMI フィールド・オブ・ナイン (広島東洋カープ) 金本知憲(1)

 

右投左打

今やすっかり「トラの兄貴」に成り下がって!?しまったが、トリプルスリーを記録したのは広島時代。

広島に居続けたら、間違いなく監督候補の一人だろう。

 

 

次回、『広島東洋カープ 歴代ベストメンバー 投手編』をお楽しみに!!!

RELATED POST