カープのコト

【カープ】大竹寛がFA丸の人的補償でカープ復帰の可能性!

【カープ】大竹寛がFA丸の人的補償でカープ復帰の可能性!

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

 

【カープ】大竹寛がFA丸の人的補償でカープ復帰の可能性!

FA丸佳浩の人的補償は?プロテクトリストはいつ届く? 

【カープ】大竹寛がFA丸の人的補償でカープ復帰の可能性!出典:matome.naver.jp

 

FA(フリーエージェント)移籍となった丸佳浩の人的補償は投手になると予想する。今の広島に足りないのは言わずもがな、投手力だ。外野手の丸佳浩が抜けるとはいえ、今のカープにいたっては、外野は飽和状態にある。それも、良い意味でだ。

ライト『鈴木誠也』は確定として、守備力そして打撃も開花しつつある『野間峻祥』がセンターを守ることになるだろう。

問題はレフトだ。

『松山竜平』・『バティスタ』・『メヒア』あたりはレフトかファーストを守ることに。

そしてシーズン終了後、新たに外野の守備練習をはじめた者がいる。打撃の天才との呼び声も高い『西川龍馬』・非凡なバッティングセンスを見せる、またも飽和状態にある広島捕手陣から『坂倉将吾』の二人だ。

『坂倉将吾』は未知数だが、『鈴木誠也』、『野間峻祥』を含め、外野レギュラー候補だけで6人はいる。丸の移籍によって競争はますます激化し、レベルアップも間違いないだろう。カープ外野陣にとっては良いチャンスだ。弱くなるどころか、更に盤石になる可能性もある。

ということは、人的補償はやはり投手だろう。それも、左腕。

と言いたいところだが、ここで皮肉にも読売ジャイアンツ『大竹寛』獲得の可能性も!?

【カープ】大竹寛がFA丸の人的補償でカープ復帰の可能性!出典:yoshilover.com

 

鈴木清明球団本部長は、人的補償について『プロテクトリストを見て検討する。それなりの選手がいれば年俸が高くても問題ないし、1年でもやれるなら獲ろうということになるかもしれない』と高額年俸の選手を視野にいれていることを明かしている。

すでに、前年から年俸約半減となる2625万円(推定)の提示を受け、契約更改を終えている大竹だが、プロテクトリストから漏れる可能性は十分にある。もし広島復帰となれば、カープから阪神タイガースにFA移籍した『新井貴浩』の再来となる。

今のカープでどこまで通用するかは分からないが、ベテランと言われる投手は『永川勝浩』くらいしかいない。少し頼りないかもしれないが、大竹がカープに復帰し、永川とともに若手投手たちを背中で引っ張るくらいの気概を見せることができれば、くすぶっている投手たちにも良い刺激となるかもしれない。

【カープ】大竹寛がFA丸の人的補償でカープ復帰の可能性!出典:number.bunshun.jp

 

あとは、FA移籍した『大竹寛』のカープ復帰を、カープファンたちが認めるかどうかだ。

プロテクト選手は、『丸佳浩』が巨人に支配下登録されてから2週間以内に作成される。

 

『大竹寛』の人的補償『一岡竜司』が見つけた居場所

【カープ】大竹寛がFA丸の人的補償でカープ復帰の可能性!出典:ja.wikipedia.org

 

広島東洋カープで主に中継ぎとして活躍中の『一岡竜司』は、2011年ドラフ3位で巨人入りしている。そして入団して2シーズンを終えた2013年オフに、『大竹寛』の人的補償でカープに入団した。

巨人在籍2年間で登板した数はわずか13試合だったが、カープに移籍後1年目から中継ぎとしてフル回転。そこから2018年のリーグ3連覇まで、カープにとってなくてはならない存在となっている。

一岡は、大分・藤蔭高卒業後パソコン系の専門学校・コンピューター教育学院へ進んだ。在学中は宅配ピザのアルバイトをするなど異色の経歴を持つ苦労人だ。それだけにようやく掴んだ現在の『居場所』には特別な思いがある。

一岡は『大竹寛』の人的補償によって人生が大きく変わったのだ。

今回の『丸佳浩』の人的補償で、『大竹寛』がカープに復帰するという可能性は少ないかもしれない。そうすると、『一岡竜司』のようにカープでチャンスをモノにする選手が現れるかもしれない。それはそれで大変喜ばしいことだ。

第二の『一岡竜司』となるのは誰か。それを望んでいる読売ジャイアンツの選手は少なくないかもしれない。

【カープ】大竹寛がFA丸の人的補償でカープ復帰の可能性!出典:gensun.org

 

さあ、『読売ジャイアンツ』さん、お早めにプロテクトリストのご用意をお願いいたします。

ABOUT ME
moromoro
『moromoroのブログ』をご覧頂きありがとうございます。 ブログ運営者のmoromoroと申します。 小さい頃からカープとお金(笑)が好きで、四十手前の今となっても変わっていません。 文章は稚拙かもしれませんが、自分が調べた諸々について色々と発信していきます。