カープのコト

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

 

 

こんにちは。

『moromoroのブログ』へようこそ。

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

広島東洋カープ『 丸佳浩 』が揺れに揺れている。

2018年に国内FA権を取得した『 丸佳浩 』。

『 FA権 』といえば、プロ野球選手が当然に取得すべき権利だけに、行使するか否かは当人『 丸佳浩 』と、その家族で話し合って決めるべきであり、周りがとやかく言うことではない。

と、言いたいところだが、40年来のカープファンである私からすると、とても複雑な心境であることも事実だ。

被害妄想かもしれないが、『 FA 』の被害者といえば、広島東洋カープを思い浮かべる人も少なくないはず。

そういった時代があったからこそ、今の強いカープがある。とも言えるが、やはり『FA』と言う言葉が出てくる季節になると、広島東洋カープファンは気が気ではないのだ。

 

『 丸佳浩 』を調査しているとされる球団は? 

現在のところ、『丸佳浩』獲得に向けての動きが見られる球団は以下の3球団だ。

  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース

『 丸佳浩 』に入団して欲しい気持ちはどこの球団も同じだろうが、この中で一番可能性が低いのは『 阪神タイガース 』だろう。

金銭的なことはさておき、阪神タイガースには縁もゆかりもなければ、何よりもメリットが全くといっていいほどない。

 

では、残りの2球団はどうだろう。

千葉県出身の『 丸佳浩 』としては、地元球団である『 千葉ロッテマリーンズ 』は、子供の頃から慣れ親しんでいる球団だけにとても魅力的だろう。

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

同じ関東、千葉のお隣東京を本拠地とする『 読売ジャイアンツ 』は、『 丸佳浩 』獲得のために25億を用意しているとも言われている。『 読売ジャイアンツ 』としては、是が非でも獲得したいところだろう。

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

 

それにしてもどちらのユニフォームも違和感がなく、似合いすぎていて恐い。。。

 

『 丸佳浩 』の性格から、金銭で動くと言うことは考えづらい。

やはり、家族の声が一番だろう。

 

『 丸佳浩 』の家族構成は?

2018年現在、『 丸佳浩 』は奥様と3人のお子様の5人暮らしとされていますが、公表はされていません。

奥様は『 岩政(旧姓)里佳 』さんといい、幼馴染で小中学校の頃から家族ぐるみの付き合いをしていたそう。実際の交際は、中学1年生の頃から。

お子様については、2012年9月に第一子『 耀太 』くんが誕生されています。
第二子以降は公表されていないので不明です。

 

『 丸佳浩 』は奥様を大事にしており、子煩悩でも有名なので家族の声が決断に大きく影響を与えることでしょう。

子供の学校の事情、転校や転園等の事情が絡めば簡単に移籍と言う訳にはいかないだろうが。。。

 

 FA権行使の期限日は?

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

日本シリーズが終了し、権利を行使するか否かの期限は11月13日で、翌11月14日には正式にFA宣言選手が公示され、11月15日より各球団による交渉が可能となる。

広島東洋カープとしては、異例とも言える『 黒田博樹 』・『 前田健太 』以来となる、『 宣言残留 』を認める方針だ。

『 丸佳浩 』がFA宣言するか否かによって、2019年以降の『 菊池涼介 』・『 野村祐輔 』・『 田中広輔 』・『 鈴木誠也 』らに何らかの影響を与え、カープにとって負の連鎖が続く可能性も大いにあるだけに、何としても『 丸佳浩 』のFA流出は阻止したいところだ。

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人orロッテor残留?経歴・家族は

【カープ丸】FAに揺れる〜巨人 or ロッテ or 残留?経歴・家族は まとめ

リーグ3連覇の立役者、そして2年連続となるセ・リーグMVPの可能性も高く、これからのカープの未来を背負っていく選手であることは間違いない。

将来の指揮官候補の一人でもあるだろう。

『 丸佳浩 』が広島東洋カープに残留すれば、カープの『 黄金時代 』はまだまだ続く。

いや、悲願の日本一を果たしていない現状では、黄金時代と言い切ることもおこがましいかもしれない。

3年連続で日本一を逃した責任とまでは言えないが、カープファンとともに、来年の日本シリーズに忘れ物を取りに行こうではないか。

そこからがカープ黄金時代の始まりだ。

 

現在、私の心も揺れに揺れている。がしかし、『 丸佳浩 』がどういった決断を下そうと、応援し続ける心算だ。

 

『 丸佳浩 』の去就はいかに。

 

『 Xデー 』は、すぐそこまで迫っている。

 

ABOUT ME
moromoro
『moromoroのブログ』をご覧頂きありがとうございます。 ブログ運営者のmoromoroと申します。 小さい頃からカープとお金(笑)が好きで、四十手前の今となっても変わっていません。 文章は稚拙かもしれませんが、自分が調べた諸々について色々と発信していきます。