お金のコト

ファクタリングとは?緊急資金調達の最終手段。

ファクタリングとは?緊急資金調達の最終手段。

 

こんにちは 。

『 moromoroのブログ 』 へようこそ 。

 

ファクタリングとは?緊急資金調達の最終手段。

本日は 、『ファクタリングとは?緊急資金調達の最終手段。』と題して 、 ” 現在 ” 個人事業主で 、 法人の代表も務めたことがある私 『 m o r o m o r o 』が 、 『 ファクタリング 』 とは ? について初心者にも分かりやすく解説していきたいと思います 。

 

ファクタリングって何 ? どんなサービス ? ?

 ファクタリングとは?緊急資金調達の最終手段。 

事業資金を調達する方法の一つに 、 『 ファクタリング 』 というものがあります 。

英語では「 factoring ( ファクタリング ) 」 です 。

fact(ファクト)」という英語は、要因・原因・要素という意味で、カタカナ英語としても、使われるワードですが、「fact(ファクト)」には仲介者や問屋という意味もあり、仲介者の意味合いで資金調達のファクタリングというワードは使わています。

『 ファクタリング 』 とは、まだ未回収の売掛金を、ファクタリング

会社が買い取るサービスです。

一般的に企業間取り引きは現金払いではなく、掛け売りによる取り引きとなります。

売掛金とは商品の納品やサービスの提供が完了し、請求書を提出しているものの支払期日が来ていないなどの理由で、まだ入金されていないお金のことです。

支払期間が長い場合はなかなか現金化できず、資金繰りに影響が出ることがあります。

このようなときにファクタリングサービスを利用すると、即座に売掛金をキャッシュに換えられるので便利です。

※ なお 「 説明を読むより 、 今すぐ資金調達が必要 ! 」 とお考えの方には、

ファクタリングの利用がおすすめです 。 今すぐ資金を調達したい方は、

ファクタリングで資金調達 ! 30秒無料診断 ! !

こちらでご紹介する方法なら、最短 1 日で 1 , 0 0 0 万円の資金調達も可能です 。


 

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングのメリット

 1 . とにかくカンタン !

第 1 は 、 比較的簡単に資金調達ができることです 。

銀行などからの融資の場合は 、 経営状態が重視されますが 、 ファクタリングは融資ではないので審査に通りやすく 、 担保も不要です 。

 

 2 . 資金繰りがよくなる上に 、 担保は不要 。

第 2 は 、キャッシュフローの正常化です 。

売掛金を売却することで必要な資金を調達できるので 、 急な出費や支払金の不足に対応できます 。

銀行からお金を借りる場合は担保が必要なこともありますが 、 ファクタリングの場合は融資とは異なるので担保を用意する必要があります 。

 

 3 . 貸借対照表 ( B / S ) がスリム化されるから 、 金融機関の信用もアップ 。

第 3 は 、貸借対照表のスリム化が実現することです 。

償還請求権なしの債権譲渡を行うファクタリング会社を選べば 、 売掛先が倒産などで売掛金が回収できなくなった場合でも 、 こちらが負担する必要がなく貸借対照表でも負債にならないというメリットがあります 。

 

ファクタリングによる資金調達に適した企業

ファクタリングによる資金調達に適しているのは 、 銀行などの金融機関からの融資が受けられなかった企業です 。

次に 、 売掛金の支払いサイトが長い取引先が多い企業も 、 ファクタリングを利用するメリットが大きいので適しています 。

翌月払いなど比較的短期間の取引先が多い場合は資金繰りが楽ですが 、 手形決済などで支払いサイトが長い場合は 、 売り上げ上は黒字でも実際には手元に現金がないといった事態に陥ることがあります 。

黒字倒産を回避するためにも 、 ファクタリングの活用は有効です 。

 

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットの1つは 、 手数料が高いという点です 。

手数料は 2 社間と 3 社間でも異なり 、 2社間なら買取売掛金額の 1 0 % ~ 3 0 % 、 3 社間なら 1 % ~ 5 % です 。

また 、 ファクタリングは売掛金が無いと資金調達ができないので 、 月商以上となる調達はできないというデメリットもあります 。

3 社間のファクタリングの場合は 、 ファクタリング会社と資金調達をしている利用会社 、 売掛先である取引先で取引をするので 、 取引先会社の承諾が求められます 。

取引先が同意すれば問題ないですが 、 難色を示すこともあります 。 また 、 利用会社も取引先から資金繰りが苦しい会社とみなされ 、 今後の取引にマイナス影響が出る点もデメリットです 。

取引先には通知せず 、 2 社間で取引もできますが 、 この方法だと手数料がさらに高くなります 。

2 社間の場合は 、 ファクタリング会社が利用会社から債券( 売掛金 ) を買取り 、 期日には利用会社に取引先が入金をします 。 入金された利用会社は、売掛債権の入金額をファクタリング会社にお金を入れ直します 。

ファクタリングサービスを利用した事実が取引際に知られないということで利用会社にはメリットがあるのですが 、 利用会社が倒産したり 、 入金されたお金をファクタリング会社に入金せず使いこんでしまった場合は 、 ファクタリング会社が損失を被ることになります 。

そのためリスクが多い分 、 手数料は高くなっているのです 。

 

銀行融資やビジネスローンとの審査方法の違いは ?

銀行融資やビジネスローンの審査

銀行や金融業者から融資を受ける場合 、 返済能力に関する審査に通らなければお金は借りられません 。

融資先の審査基準は金融機関や業社によって異なりますし 、 細かな基準などについては公表されていませんが 、 おおむね事業内容 、 決算書 、 社長の信用情報の 3 点がチェックされます 。

事業内容では業種や業態 、 従業員数 、 取引先 、 事業年数などです 。

事業年数が長いほど信用度は高く 、 企業後 1 年以上の実績がなければ融資を受けるのは難しくなります 。

決算書では 、 貸借対照表や損益計算書 、 キャッシュ・フロー計算書などの内容がチェックされます 。

また決算書以外にも税務申告書なども確認されます 。 経営状況を調べるために、直近で  3 期程度の決算書が必要となるケースが一般的です 。

社長の信用情報については他社からの借り入れ状況や 、 税金がきちんと納められているかなどがチェックされます 。

通常ビジネスローンは無担保・保証人不要で借りられますが 、 この場合は社長が連帯保証人になるため 、 社長の信用情報の確認は欠かせません 。

このほか社長が会社経営にどれだけ熱意を傾けているか 、 手がけている事業に将来性があり将来的に安定した収益が期待できるかなども考慮されます 。

 

ファクタリングの審査

ファクタリングの審査は償還請求権ありかなしかなどによって異なりますが 、 一般的に銀行やノンバンクが提供するファクタリングサービスは、後述する償還請求権ありの取り引きになるので 、 審査時に決算書や他社からの借り入れ状況などの審査が行われます 。

償還請求権ありの取り引きの場合 、 売掛金を担保とした「譲渡担保融資」となるため 、ビジネスローンの融資を受けるときと同様に審査があります 。

もちろん売掛先の与信力も調査されます。

銀行は審査が厳しいですが、手数料などの費用が低いので一般融資の金利よりも低い手数料で利用できるケースが大半です。

一方、ファクタリング会社に償還請求権なしで売掛金を買い取ってもらう場合、利用者に対する審査はあまり行われません。

審査は利用者ではなく、売掛先に対して行われるからです。

資金繰りに困って銀行などに融資を申し込んでも、審査に時間がかかるうえに厳しい審査で融資が受けられない可能性があります。

このような場合は、自社の審査なしでスピーディーに現金化できるファクタリング会社を利用する方が有利です。

売掛先への審査では信用度や経営状況、経営規模、利用者との取り引き年数などが審査されます。

このため売掛先の信用度が著しく低い場合などは、たとえ利用者の信用度が高くても買い取りを断られることがあるので注意しましょう。

 

ファクタリング契約に必要な書類一式

ファクタリング契約に必要な書類は4つほどあります。

1つ目は商業登記簿謄本・印鑑証明書です。これは契約書の署名押印の証明のために必要です。またこれに加え、事業主自身の本人確認書類が求められることもあります。

2つ目は決算書のコピーです。基本的には直近の3年分で、税務申告を済ませた押印のあるものが求められます。前回の決算月が離れている場合は試算表を用意しなければならないこともあります。

3つ目は売掛先との取引内容が記された書類です。たとえば、売掛債権のかかる商品・サービスにおける発注書、納品書、請求書があげられます。またその時の取引だけでなく、過去の取引や入金を示す書類もあればその売掛先の信頼性を証明することができます。特に入金が支払期日にしっかりと行われるかどうかはファクタリング会社が最も重視するポイントです。

4つ目は売掛先と交わした基本契約書です。ただし、これは基本契約を結んでいる場合に限った話で、もともと基本契約を行っていなければそれでもいいかどうかをファクタリング会社に相談することになります。

ファクタリング契約に必要な書類は以上ですが、これら以外にも関係書類を用意しておき、いつでも提出に応じられるようにすると安心です。

 

※ なお「説明を読むより、今すぐ資金調達が必要!」とお考えの方には、

ファクタリングの利用がおすすめです。今すぐ資金を調達したい方は、

ファクタリングで資金調達!30秒無料診断!!

こちらでご紹介する方法なら、最短1日で1,000万円の資金調達も可能です。


 

まとめ

ファクタリングは、売掛債権を譲渡する形の資金調達方法です。

銀行融資やビジネスローンと比較して、審査に通りやすく、利用しやすい資金調達方法のため、中小企業、零細企業の資金繰り改善方法として注目が集まっています。

資金調達にお困りの方は是非お試しください。

ABOUT ME
moromoro
『moromoroのブログ』をご覧頂きありがとうございます。 ブログ運営者のmoromoroと申します。 小さい頃からカープとお金(笑)が好きで、四十手前の今となっても変わっていません。 文章は稚拙かもしれませんが、自分が調べた諸々について色々と発信していきます。