2020東京五輪

ジョコビッチ途中棄権に大ブーイング!引退間近!?『全米オープン』

ジョコビッチ途中棄権に大ブーイング!引退間近!?『全米オープン』

ジョコビッチ途中棄権に大ブーイング!引退間近!?『全米オープン』

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

ジョコビッチ途中棄権に大ブーイング!引退間近!?『全米オープン』

 

ジョコビッチ左肩負傷で途中棄権 8強ならず、観客からブーイング浴びる<全米オープン>
全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は1日、男子シングルス4回戦が行われ、2連覇と4度目の優勝を狙っていた第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第23シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦したが、左肩の負傷により4-6, 5-7, 1-2とリードを許した時点で途中棄権し、ベスト8進出とはならなかった。

【錦織の棄権 ジョコ「気の毒」】

今大会でジョコビッチは試合中に左肩の治療を受けていたが、この日も同箇所をドクターに診てもらっていた。

第2セットではゲームカウント4-1とリードするも2セットダウンの崖っぷちに追い込まれると、第3セットの第3ゲームでブレークを許したジョコビッチは途中棄権を申し入れた。その後、観客からブーイングを浴びた。

ジョコビッチは会見で「けがについては話をしたくない。コートを離れてきたから、つらい気持ち」と語った。

「けがの状態について、結果はこれから出る。これまでも多くの処置や治療をしてきたし、ここまでの数週間でできることは全てやってきた。肩がどのようになるのかをみる必要がある。休養をとってプレーをしないということは、早い回復に役立つはず」

またジョコビッチは、9月30日に開幕する楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2019(日本/東京、ハード、ATP500)について「東京には出場するつもり。そうなればと願っている」と述べた。

一方、8強入りしたワウリンカは準々決勝で第5シードのD・メドヴェデフ(ロシア)と対戦する。メドヴェデフは4回戦で世界ランク118位のD・コプファー(ドイツ)を逆転で下しての勝ち上がり。

出典:tennis365.net

RELATED POST