moromoro

【横浜DeNA】メジャー挑戦、筒香嘉智の値段・序列予想!

【横浜DeNA】メジャー挑戦、筒香嘉智の値段・序列予想!

【横浜DeNA】メジャー挑戦、筒香嘉智の値段・序列予想!

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【横浜DeNA】メジャー挑戦、筒香嘉智の値段・序列予想!

数年の打撃は下降線…DeNA筒香メジャー挑戦で付く値段と予想序列

10/10(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 本人がメジャー挑戦を望み、所属球団もポスティングシステム(入札制度)による移籍にゴーサインを出した。これによってメジャーにつながるレールが敷かれたのは確かだが、終着点がバラ色とは限らない。DeNAの主砲・筒香嘉智外野手(27)のことだ。

「メジャー契約を勝ち取れるかどうか、微妙なところでしょう」と、ア・リーグ西海岸のスカウトはこう言った。

「44本塁打、110打点で2冠を獲得した16年のオフ、メジャーサイドの動きが活発になったのは事実です。筒香と親しい人物と会い、本気で獲得を目指す球団も中にはあった。けれども、それ以降は28本、38本、29本と長距離砲としては物足りない成績が続き、16年当時、熱心に追いかけていた球団も、さすがに見切りをつけたと聞きました。なにしろ、左翼守備がヒドいうえに、脚力もない。よほど打たない限り需要は期待できないのに、16年以降は打撃が下降線ですから」

スポーツライターの友成那智氏は「李大浩がソフトバンクからメジャー挑戦したケースとダブる」と言う。

「日本では中軸を打っていた井口や松井稼頭央や岩村に需要があったのは守れるうえに、2番打者もこなせるタイプだったからです。そこへいくと李大浩や筒香は器用じゃない。守れないし、足も期待できません。33歳で海を渡った李大浩は、メジャー昇格した場合に年俸100万ドル(約1億700万円)、出来高も含めて最大300万ドル(約3億2000万円)のマイナー契約でした。筒香は李大浩より若いだけに1年のメジャー契約で年俸150万ドル(約1億6000万円)、出来高も含めて最大400万ドル(約4億3000万円)程度ではないか」

■4、5番手の外野手か2番手のDH

そして、こう続ける。

「ア・リーグのチームで4、5番手の外野手か2番手のDH、打順は6番か7番を期待されるでしょう。強いチームは欲しがらないでしょうから、ブルージェイズ、ホワイトソックス、オリオールズ、マリナーズあたりが有力です」

筒香の今季年俸は4億円だから、基本給の年俸は半分以下にダウンするが、それでも本人はとにかく米国でプレーしたいそうだ。現在のポスティングシステムは移籍金付きFAのようなもの。譲渡金を払う意思のある球団は自由に交渉できる。その譲渡金は2500万ドル(約27億円)までなら契約金や年俸総額の20%、出来高は15%と定められているから、基本給の150万ドルだけならDeNAが手にするのはわずか30万ドル(約3200万円)になる。

出典:日刊ゲンダイDIGITAL


RELATED POST