Hiroshima

【プロ野球】日程完全消化断念!交流戦&CSどうなる?

【カープ】鈴木球団本部長「5月末には紅白戦を」6・19開幕に意欲

【プロ野球】日程完全消化断念!交流戦&CSどうなる?

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【プロ野球】日程完全消化断念!交流戦&CSどうなる?

セも開幕再延期“合意”…日程完全消化断念も 5・26なら交流戦重複…CS問題も

4/3(金) 7:30配信

デイリースポーツ

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっているプロ野球は2日、交流戦日程を見直す可能性が出てきた。3日に行われる12球団代表者会議を前にこの日、セ・リーグ6球団の理事が都内に集まり、事前協議を開催。リーグの見解こそ統一しなかったが、目標にしていた4月24日開幕は「難しい」という意見が続出。代表者会議で延期が決議される見通しとなった。

【写真】「虎風荘」クラスター危機 阪神4人目PCR検査は若手成長株

この日の協議では延期となった場合における新日程のシミュレーションも確認。パ・リーグは3月31日の社長会で公式戦143試合の削減にも踏み込んだが、セ・リーグの杵渕統括も「開幕日によってはそれ(削減)もあると確認している」と話した。今後の議論は新たな開幕日と同時に、日程完全消化を断念したケースの課題に移ることになる。

そこで浮上するのが交流戦の日程見直しだ。新たな開幕は早くても5月中旬、もしくは同下旬になることも予想される。仮に5月26日開幕となった場合は当初の交流戦開幕と重なる。交流戦は3週間続くため、動かさない場合は6月中旬まで同一リーグ同士の対戦がないことになる。全試合中止、1カード2試合、日程の後ろ倒し…。複数の選択肢が考えられ、3日の会議でも議論されそうだ。

クライマックスシリーズについても議論が本格化しそうだ。日程短縮や中止など現時点では意見の相違がある。開幕日決定そのものを先送りすべきという意見もあり、会議は紛糾する可能性もある。

3日は12球団代表者会議に先立ち、Jリーグと合同で立ち上げた「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第5回会議も開かれる。

出典:デイリー

RELATED POST