Hiroshima

【カープ】V逸きっかけは8・12巨人戦の坂本勇ブチ切れ事件にあった

【カープ】V逸きっかけは8・12巨人戦の坂本勇ブチ切れ事件にあった

【カープ】V逸きっかけは8・12巨人戦の坂本勇ブチ切れ事件にあった

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】V逸きっかけは8・12巨人戦の坂本勇ブチ切れ事件にあった

セMVP・坂本勇 チームの雰囲気を変えた「8・12ブチ切れ事件」

11/27(水) 16:34配信

東スポWeb

 セ・リーグのMVPに輝いた巨人・坂本勇人内野手(30)は、今季キャプテンとしてチームをけん引し、キャリアハイとなる40本塁打、94打点をマーク。5年ぶりのリーグVに攻守で貢献した。26日のNPBアワーズでは来季の日本一奪回に向け、決意を新たにしたが、そんな頼れる主将がシーズン中にブチ切れた事件があった。

MVPの名に恥じぬ大活躍だった。2位の巨人・山口(665点)に大差をつける1403点で文句なしの初受賞となった。

大きなジレンマも乗り越えた。2014年オフに戦後最年少となる26歳で主将の重責を託された。以来、チームは4年連続でV逸。どうすれば優勝に導けるのか。明確な答えはなく、自問自答を繰り返しながら悲願の「キャプテンで優勝」を果たした。

普段はクールな印象もあるが、胸に秘めた感情を爆発させたこともあった。勝負どころだった8月12日、マツダスタジアムでの広島戦。当時は敵地で5連敗中で、その日も序盤から大量6点をリードしながら、ジワジワと追い上げられる展開を強いられた。気づけば6―5の1点差。ベンチが重苦しいムードに包まれた。その時だ。背番号6がブチ切れた。

「何や、この空気! 俺らまだ勝っとるやろ!? 何、シーンとなってんねん!!」

すさまじいけんまくに、優勢のなか漂った敗戦ムードは消し飛んだ。結果は8―7の勝利。マツダでの負の連鎖も断ち切り、開幕カード以来の勝ち越しにもつながった。あのタイミングでキレたのはなぜだったのか。坂本勇は当時の思いを「僕は試合中にあんまり言うことはないけど(あの時は)感じたことを言いました。試合が終わってから言うことはあるけど、試合中に言うことも大事だし」と明かしてくれた。

つい弱気になったベンチメンバーの目も覚めた。2年目の大城は「あの時、勇人さんに怒鳴られてハッと気が付きました。“まだ負けていない”って。間違いなくチームの雰囲気が変わりました」と振り返る。

当時の内野守備兼打撃コーチ、元木ヘッドも「勇人が『なんじゃーい!!』ときて、俺が言いたいことを全部言ってくれた。俺が言うことなくなっちゃったんだけどね…(笑い)。でもあの時、勇人が変わってくれたと思った。俺はあの試合は忘れられない」。

円熟味を増す主将に課せられた次なる使命は、リーグ連覇と日本一奪回だ。「阿部さんが(引退して)いなくなって僕自身、すごく大変になる。僕を含め、若い選手がやらないと強いジャイアンツにならない。そういう意識を持たせたい」(坂本勇)。さらなる高みを目指し、主将道を突き進む。

出典:東スポWeb

RELATED POST