Hiroshima

【カープ】V奪還へ!田中広輔が新選手会長就任

【カープ】V奪還へ!田中広輔が新選手会長就任

【カープ】V奪還へ!田中広輔が新選手会長就任

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】V奪還へ!田中広輔が新選手会長就任

広輔「一体感」でV奪回を!“復活”目指し広島新選手会長就任

11/26(火) 5:30配信

スポニチアネックス

 広島の選手会は25日、広島市内のホテルで納会を開き、新選手会長に田中広輔内野手(30)を選出した。任期は2年。田中広は2年ぶりのリーグV奪回を目指す来季に向け、佐々岡新監督が掲げる一体感を強調し、さらなるチーム一丸を訴えた。

復活を目指す来季、新リーダーとしての重責も担うことになった。会沢に代わる新たな選手会長に選出された田中広は、佐々岡監督が掲げる「一体感」を用いて所信表明した。

「覚悟を持って務めさせていただきます。選手個々、思うところはあると思いますが、僕自身、勝って終わることが幸せだと思いました。一体感を持ってやっていくことが大事です。しっかりとした意識を持って頑張りたいと思います」

シーズン終了後、2年間の任期を終えた会沢と会食した際に直接指名を受けた。「覚悟してやりたい」と受諾し、この日の納会で正式に承認された。リーダー的役割を担うのは、中学3年時の主将以来といい、精神的支柱でもある会沢の後継を務めることになった。

「会沢さんの後というプレッシャーもあるけど、僕なりに僕らしくやっていきたい。チームワークはカープのいいところ。佐々岡新監督が言っているように、投手と野手が助け合いながらやっていきたい」

来年7月で31歳。若手主体のチーム構成の中にあり年上は石原、長野、松山ら数人のみとなった。「若い子が多い。気付いたことがあれば、ときには厳しくしっかりとやっていきたい」と、リーダー像を思い描く。

今季は6月に連続フルイニング出場と連続試合出場がともにストップ。97試合出場で打率・193に終わり8月には右膝半月板の部分切除手術を受けた。リハビリは順調で、すでに打撃、守備練習ともに再開。昨年までの立場とは異なり、来季は定位置奪取を目指すシーズンとなる。

「しっかりプレーすることが前提になる。選手会長になることをプラスに考えて、しっかりと戦っていきたい」

逆襲を期す新選手会長が、逆襲を期すチームの中心となる。(河合 洋介)

≪副会長は野村、大瀬良、誠也≫納会内で選手会の新役員が承認された。副会長には、留任する野村に加え、新たに大瀬良と鈴木が就任した。会計を一岡が、書記を西川が、それぞれ新任として務める。今季、田中広が務めた会長補佐のポストは設けないことも決まった。

出典:Sponichi Annex

RELATED POST