Hiroshima

【カープ】開幕しても入場制限!?年間指定席購入者や席割りは…

【カープ】開幕しても入場制限!?年間指定席購入者や席割りは…

【カープ】開幕しても入場制限!?年間指定席購入者や席割りは…

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】開幕しても入場制限!?年間指定席購入者や席割りは…

プロ野球、4・24開幕目指す 観客動員数に制限…「普通に考えたら50%以下」の声も

3/24(火) 6:00配信

スポーツ報知

 プロ野球が入場制限をかけて開幕戦を実施することが23日、確実になった。日本野球機構(NPB)と12球団は都内で代表者会議を行い、新型コロナウイルスの影響で延期されていた公式戦開幕日を4月24日に設定。感染リスクを下げるため、観客動員数に制限を設けて公式戦を実施する方針を固めた。感染リスクの高い海外渡航者や高齢者には、来場自粛を呼びかける。また、開幕前の練習試合は、セ・リーグが24日からの1カードを行い、その後は4月14日から最大6連戦を実施。パは24日から休止し、4月10日から19日まで実施する。

【カレンダー】プロ野球の今後の日程

超満員のスタンドを諦め、プロ野球が開幕に備えることになった。4月24日の開幕を目指すと発表した斉藤コミッショナーは「密集、密接を避けるような入場制限などを各球団において検討してほしい」と続けた。

政府専門家会議は19日に大規模イベントの主催者に「慎重な判断を」と求めた。この日午前に行われたJリーグと合同の「第4回新型コロナウイルス対策連絡会議」では、公式戦実施時期について専門家チームから「4月後半に」(賀来座長)と意見が出された。これらを受け、午後の12球団代表者会議で協議。オーバーシュート(爆発的な感染者の急増)やリンク(感染源)不明な感染者の増加がないことを条件に、物資などを含めた感染防止策の準備期間と選手の調整面への配慮から、開幕候補日を1日に絞った。

NPBと12球団は専門家チームの考えに沿い、ファンに対して感染リスクの高い応援を禁止する方針だったが、さらに観客数を制限する方向となった。政府の専門家会議は「手が届く範囲以上の距離を保つ」、「声を出す機会を最小限にする」などの感染予防策を提言。同提言を尊重するため、大胆な入場規制を検討する必要性があるという意見が複数球団から挙がったという。代表者会議に出席した球団幹部は「普通に考えたら(収容人数の)50%以下」と私見を述べた。

球場の環境やチケットの販売状況は球団によって異なることから「収容人数の〇割」などの数値は設定されず、各球団ごとの対応になる。斉藤コミッショナーは「もう一回やり直さないといけない。各球団の事務方、裏方も大変な時間がかかる」と憂慮したが、各球団は感染リスクを下げるため、入場者を制限した上で客席を1席ずつ空けて使用する―などの策を検討することになる。

さらに、専門家チームの見解をもとに、リスクの高い高齢者や海外渡航者、基礎疾患を持つファンに来場自粛を呼びかける方針も決定。斉藤コミッショナーは「“4月24日に絶対開催する”と断定的な言い方は難しいが、皆でこの1か月、最大限の努力をして開催にこぎ着けたい」と強調した。4月3日には第5回の連絡対策会議と代表者会議を予定。状況を慎重に見極めつつ、前代未聞の“制限開幕”へ向けて準備を進める。

報知新聞社

出典:スポーツ報知

RELATED POST