Hiroshima

【カープ】鈴木誠也の年俸頭打ちで巨人FA移籍の布石となるか!?

【カープ】鈴木誠也の年俸頭打ちで巨人FA移籍の布石となるか!?

【カープ】鈴木誠也の年俸頭打ちで巨人FA移籍の布石となるか!?

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】鈴木誠也の年俸頭打ちで巨人FA移籍の布石となるか!?

 

打撃無冠の広島誠也に“個人3冠”の目 暖冬更改は今オフが最後か

9/19(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 頭打ち寸前だ。

ペナントレースも終盤になり、個人タイトル争いが激化してきた。17日現在、セ・リーグの打率トップは広島の鈴木誠也(25)。出塁率も・453で1位、安打数はトップと2本差の3位(163)につけ、最大で3つのタイトルを獲得する可能性がある。

これまでゴールデングラブやベストナインは何度も受賞してきたが、個人打撃タイトルを手にしたことは一度もない。ひとつでも獲得すればプロ7年目で初となる。それが3つなら、年俸の大幅アップは間違いない。

昨季は前年の右足骨折から復活し、4番として3割30本をクリア。初の大台となる7000万円増の1億6000万円でサインした。“3冠”となれば2億円突破は確実と思われるが、今季チームはV逸必至。しかも、広島には前例がある。外国人選手を除き、年俸が2億円を超えた途端、財布の紐が固くなるのだ。

昨季、最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した大瀬良大地(28)は6300万円から1億4500万円と倍増以上。一昨年、田中広輔(30)は盗塁王と出塁率で7800万円から1億4000万円と弾んだ。その一方で、その年の丸は最多安打と2年連続となるMVPを受賞して7000万円増の2億1000万円でサインしたものの、国内FA権取得を見越した複数年提示やタイトル料は含まれなかった。

■「物欲なし」で気になる使い道

菊池涼介(29)は今オフにもポスティング制度でのメジャー挑戦を希望している。年俸は日本人で球団最高額の2億4000万円。移籍が成立すれば金庫は潤うとはいえ、2億円を超えると特に出し惜しみが加速する球団方針に変わりはなさそう。だとすれば、鈴木の暖冬更改も今年までかもしれない。

もっとも、本人に年俸の話を振ると、こう言った。

「僕は本当に物欲がないんですよね。自分の体づくりとか、ケアのために器具やサプリメントに使うのと、人と食事に行くこと以外にはあまり使わない。洋服とかブランドものにもあまり興味がなくて、残りはほとんど貯金です」

広島もひと安心かもしれない。

出典:日刊ゲンダイDIGITAL


RELATED POST