Hiroshima

【カープ】鈴木誠也、ライバル・丸佳浩のツイスト打法に物申す!?

【カープ】鈴木誠也、ライバル・丸佳浩のツイスト打法に物申す!?

【カープ】鈴木誠也、ライバル・丸佳浩のツイスト打法に物申す!?

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】鈴木誠也、ライバル・丸佳浩のツイスト打法に物申す!?

話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を首位打者の広島・誠也に聞いた
 

巨人・丸佳浩(30)が前日12日のDeNA戦で、頭を残しながら腰を逆回転させ、右翼席中段にたたき込むなど2発を放った「ツイスト打法」が話題だ。打った瞬間は打球方向の右翼ではなく、三塁側ベンチ方向を向いていた。丸は「打った瞬間、僕もどこに行ったか正直分からなかった」と振り返った。

まるで「あっち向いてホイ」のような丸の打法について、打率.335で目下、セ・リーグ首位打者の広島・鈴木誠也(25)に、13日の巨人戦前に聞いた。鈴木はかつて、合同自主トレで丸に弟子入りしたことがある。元・門下生でもある。

「丸さんのきのうのホームランは凄いっすね。基本的にツイスト打法は開きを矯正するためにやるんです。ああ、開いてるな、と思ったら、まずは練習で取り入れてみます。僕は試合でもやりますよ。今はやっていませんけど。あくまで開いていると感じる時に一時的にやる感じです」

巨人は6日のヤクルト戦まで6連敗を喫した。丸はこの間、22打数2安打と極度の不振に陥った。阿部の助言で翌7日のヤクルト戦から取り入れると、いきなり2安打。導入後は5試合で18打数8安打、打率.444と復調の気配を見せている。

鈴木が続ける。

「いきなり試合で打つところが丸さんの凄いところ。でも初めてじゃないでしょう。カープの時も時々やっていたと思いますよ。逆に言えば、いきなり試合でやらなきゃいけないほどの状態だったということかもしれませんね」

丸も「あまりいい打ち方じゃない。苦肉の策。普通にやっていても打てない。わらにもすがる思いで始めた」と話している。

復調すれば元に戻すというが、この打法でこれだけ結果が出ていると、やめ時が難しい。

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

RELATED POST