Hiroshima

【カープ】菊池涼介、守備高評価も打撃は期待薄でメジャー諦めモード?

【カープ】菊池涼介、交渉解禁も米メディアの論調厳しく「知名度が…

【カープ】菊池涼介、守備高評価も打撃は期待薄でメジャー諦めモード?

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】菊池涼介、守備高評価も打撃は期待薄でメジャー諦めモード?

セ・パ「ベストナイン」発表 メジャー挑戦4人衆の“日米評価”は? 米メディア「巨人・山口…インパクトない」

11/26(火) 16:56配信

夕刊フジ

 セ、パ両リーグのベストナインが25日に発表された。今オフの米大リーグ挑戦を表明した選手の評価は、投票した国内のプロ野球担当記者とメジャー側の間でどう分かれたか。

巨人で初めてポスティングシステムによる移籍が認められた、山口俊投手(32)はセ投手部門で274票。2位タイのDeNA・今永、中日・大野雄の10票に大差をつけ、14年目で初選出された。ただ、米国での評判は芳しくない。

米CBSスポーツは「インパクトのある先発投手とはいえない。本人は優勝争いのできるチームで先発したいと願っているようだが、先発機会が十分に与えられそうなのは、再建途上のチームだろう」と辛口だ。

「メジャー挑戦を表明したばかりで、MLBにはまだ山口に関する噂はない」とした上で、「先発投手を2人以上必要とするエンゼルス」や「日本人選手となじみの深いマリナーズ」を含む6球団を候補に挙げた。

別のサイトは「先発としては90マイル台前半だが、救援なら90マイル台半ばが出るため、むしろ救援向き。エース級の投手を必要としているブレーブスのようなチームは、“NO”というのが偽らざるところだ」という。

西武・秋山翔吾外野手(31)はパ外野手部門で“トップ当選”。3年連続4度目の栄誉を手土産に、海外FA権を行使し雄飛を目指す。米経済誌「フォーブス」が予想する移籍先はカブスだ。今季プレーオフ進出を逃しマドン監督が退任したが、出塁率が高く中堅を守れるリードオフマンが不在。「秋山がチームの切り込み隊長としてうってつけ」とした。

DeNA・筒香嘉智外野手(27)はセ外野手部門でわずか19票。7番手に終わり、2年連続で受賞を逃した。球団にポスティング移籍を容認されたが、メジャーの筒香評は決して高くない。

「三振かホームランかというタイプ。現状ではすべての資質を兼ね備えた選手ではないが、メジャー球団はどこもパワーのある外野手を必要としており、出塁率を高めれば次のステップを踏めるかもしれない」

同じくポスティング移籍を申請する広島・菊池涼介内野手(29)は、セ二塁手部門で17票しか集まらず3位止まり。選出されたヤクルト・山田は250票でダントツだったが、外野部門でも172票を集めて受賞したDeNA・ソトの20票にも及ばなかった。

今年でゴールデングラブ賞は7年連続7回目。守備の名声は揺るぎないが、MLB公式サイトも「目を見張る守備」を絶賛する一方で、打での貢献は「期待薄」とバッサリ。今季メジャーのFA選手には優秀な二塁手がめじろ押しで、菊池には狭き門となっている。

出典:夕刊フジ

RELATED POST