Hiroshima

【カープ】菊池涼メジャー行きでも、五輪「そりゃ出たい!」

【カープ】菊池涼メジャー行きでも、五輪「そりゃ出たい!」

【カープ】菊池涼メジャー行きでも、五輪「そりゃ出たい!」

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

 

【カープ】菊池涼メジャー行きでも、五輪「そりゃ出たい!」

【広島】菊池涼、メジャーから五輪視野「そりゃ出たい」容認求める契約交渉も

11/29(金) 7:00配信

スポーツ報知

 ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す広島・菊池涼介内野手(29)が28日、仮に移籍が実現した場合でも、来夏の東京五輪に出場したいと希望した。都内で行われた第48回「三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式に出席。球団がポスティング容認を公表した8日以来初めて、公の場でメジャーと五輪への思いを打ち明けた。

【写真】菊池涼、メジャー移籍と五輪の二兎得る可能性は極めて低い

球界屈指の名手は、2つの世界最高峰の舞台を視野に入れていた。「第一線でやっている以上、オリンピックはみんなが出たいと思っているのでは。先の話なので何とも言えないが、そりゃ(自分も)出たいですよね」。具体的な手法について言及することはなかったが、契約に五輪出場容認を盛り込むよう、入札先のメジャー球団と交渉する考えとみられる。

移籍先は30球団OKだ。「(メジャーなら)どこでも、という思いはあります」。ポスティング申請の手続きはまだ完了していないが、広島の鈴木清明球団本部長(65)は「全ての書類が集まっていない」と説明。菊池涼には23日に「もう少し待っていてくれ」と伝えており、来月5日の申請締め切りまでに手続きを済ませる方針だ。ただし「行くならメジャー契約。そうでなければ帰ってきたらいい」と、メジャー契約を結べなかった場合は残留を促す方針も示している。

菊池涼は「いろんな契約がある。代理人もいれば、(メジャー)球団の話もいろいろ聞かなきゃいけない。僕ひとりの気持ちでは決められない」と話した。プレミア12で世界一に貢献。その成功体験が、日の丸を背負って戦う決意をさらに強くした。五輪とメジャー。両方の夢をかなえることはできるか。(田中 昌宏)

出典:スポーツ報知

RELATED POST