Hiroshima

【カープ】床田プロ初完投で新人王へ!2桁勝利も

【カープ】床田プロ初完投で新人王へ!2桁勝利も

【カープ】床田プロ初完投で新人王へ!2桁勝利も

 

こんにちは。

『moromoroブログ』へようこそ。

【カープ】床田プロ初完投で新人王へ!2桁勝利も

【カープ】床田プロ初完投で新人王へ!2桁勝利も自身初の完投勝利&連敗ストップ投で笑顔を見せる広島・床田寛樹投手

◆2019年4月13日:DeNA1ー6広島(横浜スタジアム)

新人王を目指す広島東洋カープ・床田寛樹投手(24)が、エース・大瀬良大地投手(27)も止める事が出来なかった負の連鎖を9回127球4安打1失点、自身初の完投勝利で断ち切った!!

9回、横浜スタジアムの半分を埋める広島ファンからマウンドへ向かう戦士へ「床田!床田!」と大合唱。見事127球を投げ切りチームの連敗を5でストップさせた。

床田は2017年に左肘靱帯再建術(通称:トミー・ジョン手術)を受け、6日の阪神戦で2年ぶりの復活星を挙げたばかり。1つ目のウイニングボールは自宅に、この日のウイニングボールは手術を受けた群馬県の病院に送るそうだ。この日の投球については「素直に嬉しいです。このまま勝利に貢献できるように頑張りたいです。」と謙虚に振り返った。

緒方孝市監督(50)は「完投までは考えていなかった。大きな自身になったと思う。」と笑みをこぼした。

前日の敗戦で借金7、この日の勝利で1つ減らしたものの、過去の広島の歴史上、借金7からの優勝は皆無。あくまでもデータ上ではあるがV確率は0%だ。しかし3連覇を遂げた広島ナインは下を向かない。ここから広島東洋カープの逆襲が始まる。

RELATED POST