Hiroshima

【カープ→巨人】丸佳浩が成功できた理由には門外不出驚愕の秘密が!?

【カープ→巨人】丸佳浩が成功できた理由には門外不出驚愕の秘密が!?

【カープ→巨人】丸佳浩が成功できた理由には門外不出驚愕の秘密が!?

 

こんにちは。

『moromoro’s blog』へようこそ。

【カープ→巨人】丸佳浩が成功できた理由には門外不出驚愕の秘密が!?

丸佳浩の“凄さ”とは 広島時代の盟友が明かす「巨人」でも成功した理由

9/18(水) 11:01配信デイリー新潮

丸佳浩の“凄さ”とは 広島時代の盟友が明かす「巨人」でも成功した理由
丸佳浩
5年ぶりのセ・リーグ優勝を狙う巨人。チームには「優勝請負人」と呼ぶべき存在がある。昨年まで2年連続でリーグMVPに輝き、今季からフリーエージェント(FA)制度で広島から移籍した丸佳浩だ。

これまで何人もの選手が苦しんだ巨人へのFA移籍で、丸は1年目から主に3番打者として全試合に出場し、打率3割をキープしている。今季から自身3度目の就任となった原辰徳監督に復帰1年目から8度目の栄冠をもたらしつつある丸の凄さとは何か。丸の入団時から広島で同じ外野手としてプレーし、今季から野球解説者となった天谷宗一郎氏に聞いた。

「今季から『巨人の丸』になったわけですが、現在の活躍に関しては、全く驚きはありません。環境の変化や大型契約のプレッシャーなどを懸念する声もありましたが、これまでの丸を知っている私にすれば、どこに行っても同じような成績を残せるはずだと思っていました」

天谷氏がプロ8年目の2008年に入団した丸は、高卒1年目からファームで打率.288の成績を残した。同じ年に一軍で135試合に出場し、定位置の座をつかみ始めた天谷氏にとっても、その高い打撃技術は脅威に感じたという。

「打撃技術で一番凄い、うらやましいなと思っていたのは、低めのボール球になるフォークやチェンジアップを全く振らないことです。この選球眼の良さが、昨年のような驚異的な四球数(130個)と高い出塁率(.468)につながっています。以前にその秘訣を聞いたことがあるのですが、『自分は身体が硬いので、低過ぎる球にはバットが止まるんです』と訳のわからないことを言っていましたね。ただ、体の柔軟性の話はともかく、これは新井宏昌さんの教えがあったからだと思います」

13年から3年間、広島で打撃コーチを務めた新井宏昌氏は、オリックス時代には、あのイチローも指導した名コーチとして知られる。この新井氏と、その後任の石井琢朗コーチ(現・ヤクルト一軍打撃コーチ)が、現在の丸の打撃を作った。

「新井さんの理論は、落ちるボールには手を出してはいけない。追い込まれるまでは、真っ直ぐとスライダーなど、自分の体の方に入ってくるボールを待つというものです。それを徹底したことで、低い球に対処できるようになった。新井さんの指導の元、14年に初めてシーズン打率3割を記録しましたが、翌年は極度の打撃不振に陥りました。その年のオフに石井琢朗さんが打撃コーチになり、秋のキャンプから2人でずっと練習に取り組んでいました。現在の構えたバットを大きく動かす、ヒッチを入れたフォームを取り入れて、それを打てない時でもずっとやり続けた。その結果、今の丸があるのではないでしょうか」

石井コーチには技術的なことだけでなく、打席での姿勢や気持ちの部分も学んだ。

「丸だけでなく、カープの選手みんなが琢朗さんに教えてもらったことが、打席での考え方です。丸の低目を振らないということも、低いボールに手を出さないというよりも、自分が打つべきボールを打っていく、と考える。それ以外は振らない、という考え方です。琢朗さんが言うには、これをやってはいけないと思うと、どうしてもひとつ、変なものが頭に入ってしまう。例えば、ワンアウト三塁の場面で、最低でも外野フライを打たなければならない時は、低目を打ってはいけないではなく、高目を打とうと考えようと。三振してはならないではなく、なんとかバットに当てる。そんな風に、常にいい方に考えるのが、今の丸のバッティングの形につながっていると思います」

丸の全盛期は

 丸は13年から6年連続でゴールデングラブ賞を獲得するなど、外野守備にも定評がある。現役時代にはホームラン性の打球をフェンスによじ登ってキャッチするなど、ダイナミックなプレーでファンを沸かせた天谷氏は、丸の守備について、入団当時はさほど上手くはない選手という印象だったと言う。

「高校時代はピッチャーが本職の選手なので、肩はよかったですが、正直に言えば『下手くそやな』と思っていました。それが当時、コーチだった緒方孝市現監督のノックで、一気に伸びた印象があります。当時は私と一緒に、2人でいつも特守を受けていました。フライの追い方やボールへの入り方など、ある時から急に上手くなった印象です。守備は練習すればするほど上手くなると言いますが、丸を見て、本当にそれを実感しました。毎日のように緒方さんのノックを受け続ける、量をこなす体力も丸にはありましたね」

同じチームに所属し、同じコーチの指導を受けた天谷氏だが「それであれだけ差が開いたのが、丸の凄いところ」と素直に脱帽する。丸の成功の要因には、性格面も大きいと天谷氏は言う。

「いろいろなコーチがいて、それぞれの指導法がある中で、丸はこれだと思ったことは自分の中で噛み砕いて、それをやり続けてしっかり自分のものにする。逆に自分に合わないと思ったことは全くやらない。すぐに結果が出なくても、先を見据えて取り組み続けて、それがダメなら自分で責任を取るという潔さもあります。とにかく、自分が信じたことに対して愚直にやり続ける能力。そこが丸の一番凄いところだと思います」

移籍した巨人では、丸のキャンプでの練習量に若手選手が刺激を受けた。丸も壁を作ることなく、積極的に交流を行うなど、文字通りチームの「お手本」になった。

「カープでも若い選手によく声をかけていたし、時には先輩をイジるようなこともしていた。とにかくチームがいい雰囲気になるようなことをずっとやっていました。丸は故障が少ない選手と言われますが、ケガがあったとしても、それを見せない。チームの中でも、知っているのはほんの少数で、実はどこかが痛かった、と後から聞いたことも何度かありました。自分の弱いところを、特に後輩には絶対に見せることはない。そんな姿勢に、鈴木誠也などは本当に丸を頼りにしていたようです」

若手に限らず、今季は本塁打王争いをリードするなど、長距離砲として覚醒した感もある坂本勇人も、少なからず丸の影響を受けたとされる。

「今季は坂本が2番に入ることが多いですが、それも後を打つ丸がいるからこそ、できることだと思います。さらにその後の4番に岡本和真、5番にはゲレーロや阿部慎之助などがいることで、打線としていい形ができていますね」

巨人が5年ぶりの優勝となれば、丸はリーグでただ一人、4連覇を経験する選手となる。その原動力と呼ぶにふさわしい存在であることは間違いないが、天谷氏は最後に、冗談交じりに意外な見解を示した。

「打者に有利と言われる東京ドームが本拠地なら、昨年までの成績を考えれば打率3割3分、ホームランは50本近く打ってもおかしくないと思っていましたけどね。もしかしたら、そのあたりが移籍のプレッシャーなのかもしれませんが、それでも十分な成績ですよね」

今年30歳になったばかりの丸佳浩が全盛期を迎えるのは、まだ先のことなのかもしれない。

週刊新潮WEB取材班

2019年9月18日 掲載

新潮社

出典:デイリー新潮

RELATED POST