カープのコト

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

こんにちは。

『 moromoroのブログ 』へようこそ。

 

チケットの高額転売といえば、ジャニーズ事務所のアーティストや、その他人気ミュージシャンのチケットを想像する方も多いと思います。

もちろん、それらの営利目的での転売も許されない行為ですが、私が声を大にして訴えたいのは、我らが『 広島東洋カープ 』のチケットの、営利目的での高額転売についてです。

カープファン歴約40年の私としては、どうしても許せません!!!

昨今話題に上ることの多い、カープ女子らからの人気もあいまって、本拠地マツダスタジアムで行われる『 広島東洋カープ 』の観戦チケットは、超プレミアムチケットです。

人気がありすぎてチケットが取れないのは仕方ないとして、高額転売をしている転売屋(転売ヤー)の存在に気付きながらも、カープ球団は何故、転売屋(転売ヤー)を根絶出来ないのでしょうか。

そこには、広島市民球団であることも深く関係しているようです。

カープの歴史とともに、何故転売屋(転売ヤー)を根絶出来ないのか、考察していきます。

 

 チケット転売屋(転売ヤー)とは??

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

なんらかの商品を転売目的で購入する人。転売屋。

『 転売 』と、英語で買い手を意味する『 バイヤー(buyer) 』をかけて造られた造語である。

人気ゲーム機やライブチケット、人気スポーツの観戦チケットなど、希少価値の高い商品を営利目的で購入する。

購入する際には、自身で列に並び購入する者もいれば、大半はホームレス・外国人・闇金等に借金がある者を利用し、安い賃金で働く人間を指揮し、並ばせる者も。

これらは、反社会勢力等の資金源になることも多い。

ホント最悪ですね。。。

 

カープチケットが買えなくなり始めたのはいつ頃から?

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

観客動員数はリーグ最下位の常連球団だった

一体、カープはいつからこれほどの人気球団になったのでしょうか。

1975年のカープは初優勝で赤ヘルブームが巻き起こし、観客動員数120万人を記録。

ちなみにその年の観客動員数トップは読売ジャイアンツで、カープはその半分にも満たなかったのです。その後も100万人を超えたり超えなかったり。

観客動員数セ・リーグ最少というのが定位置でした。

実際、四十路を迎える私の記憶に残る80年代〜90年代も、読売ジャイアンツ戦以外はガラガラでした。

観客動員数が増えたのは新球場『 マツダスタジアム 』のおかげ?

そんな広島東洋カープに、目に見える形で異変が起こったのはマツダスタジアムがオープンした2009年でしょう。

新球場のチケットを買い求めようと、極寒の中、旧市民球場には徹夜で長蛇の列が出来ました。チケットが入手困難になったのはここからでしょう。

その年の観客動員数は180万人を超え、2014年には『カープ女子』なる言葉が『流行語大賞』を受賞。翌年2015年には200万人を超えました。

こういった流れから、新球場『マツダスタジアム』のお陰で、観客動員数が増えたようにも見えますが、その頃には関東、特に神宮球場・横浜スタジアムではスタンドの半分が赤く染まっていたので、赤ヘル旋風は全国的に広まっていたと言えます。

人気と共に実力も球界トップクラスに

Bクラスの常連球団だった『 広島東洋カープ 』は、2016年〜2018年まで3年連続でセ・リーグを制覇しました。

まさに黄金期到来といったところでしょう。

もちろんここまでの道のりは言葉では言い表せないほど大変なものでした。

主力選手、特に4番を打つような選手にまで育った選手はFAにより他球団に流出。エースと4番がことごとく国内外問わずカープを去っていくという現実。

それらは、球団の金銭的な事情もあったにせよ、カープファンとしては絶望感しか残りませんでした。

2013年にはAクラス入りを果たしたものの、なんとこれは1998年以来15シーズンぶり。

よくてもこのくらい。リーグ優勝なんて夢のまた夢だろう。

そう思っていました。

そんな最中、『 黒田博樹 』の日本球界復帰、さらには『 新井貴浩 』のカープ復帰等、いきなり優勝はしないまでも、何かが変わる。そんな気がしました。

それが今や、リーグ3連覇を果たすまでに。それもぶっちぎりで。

弱いときもずっと、応援し続けてきて良かった。心からそう思いました。

もちろん、今の強さの原動力は様々な要因が重なってのものではありますが、カープの真髄である『 育成 』・『 ドラフト戦略 』この二つが大きいでしょう。

そして今も相乗効果・激しい競争により若手がどんどん育っています。

この強さはどこまで続くのでしょうか。

どこまでも続いて欲しいものです。

 

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

カープチケットが入手出来ない(入手しにくい)理由は大きく分けて二つあります。

  1. ネット等の申し込み、または発売日にカープファンが殺到するため
  2. 転売屋(転売ヤー)が営利目的でチケットを買い占めるため
  1. は、当然の事です。私も並びますし、パソコン・携帯を駆使して再更新しまくります。
  2. が、大問題なのです。

 チケット転売は違法なのか?

  • 違法か違法で無いかの線引きが難しいのが現状

ライブ会場や球場等でチケット不当に売買する行為(いわゆるダフ屋行為)。

ダフ屋行為は、各都道府県の迷惑防止条例違反となります。

しかしながら昨今のチケット転売事情は、オークションを始めとするチケット転売サイト等での売買が主流となっています。

チケットの転売サイトの中には、営利目的ではなく、ファンの支えによって運営されているものも多数存在しますが、営利目的で利用している人が多くいるのも事実。

ネットオークション等の転売サイトで不要になったチケットを転売する行為自体はダフ屋行為としてみなされませんが、複数枚の出品・明らかに定価よりも高い値段で転売している場合等はダフ屋行為と判断される場合もあります。

ただし、出品する方法やタイミング、アカウントを変更したりと、本人を特定出来ないような方法を取っていたりするため、実際は取り締まることが出来ていないのが現状のようです。

 チケットを転売すること自体は違法ではない

チケットを転売すること自体は違法という訳ではありません。

  • その転売行為が営利目的かどうか

この一点です。

違法になるケース

  • 一枚2,000円のチケットを営利目的で購入し、転売サイトで10,000で販売した。

違法(チケットの枚数は関係ありません)営利目的ということでアウト!

違法にならないケース 

  • 一枚2,000円のチケットを購入下が、都合が悪くなったので、転売サイトで1,500で販売した。

違法ではない(定価以下のため、違法とはなりません)

違法か違法でないか、判断が難しいケース

一枚2,000円のチケットを購入したが、都合が悪くなったのでオークションに出品。最終的に15,000で落札された。

→このケースは非常に判断が難しいようです。基本的には違法ではないが、違法と判断される場合も。チケットを購入した動機、出品した枚数や動機等も加味されての判断となるでしょう。

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

まとめ

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

『 広島 』を愛し、『 広島東洋カープ 』を愛する私からすれば、転売目的のダフ屋行為は断固として許せません!!!ダフ屋から購入するくらいなら、テレビ観戦した方がマシです!!

皆さんも、転売屋(転売ヤー)からチケットを購入する行為は絶対にやめましょう!!!

カープ球団様には、より一層の取り締まり・対策を取って戴きたく思います。

正々堂々とチケットを手に入れて、我らが『 広島東洋カープ 』を応援し続けましょう!!!

カープチケット転売屋(転売ヤー)はなぜ捕まらないのか?

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ABOUT ME
moromoro
『moromoroのブログ』をご覧頂きありがとうございます。 ブログ運営者のmoromoroと申します。 小さい頃からカープとお金(笑)が好きで、四十手前の今となっても変わっていません。 文章は稚拙かもしれませんが、自分が調べた諸々について色々と発信していきます。